カテゴリー
nvda

NVDA に関する海外および日本語チームの状況

Share

NVDA に関する海外および日本語チームの状況をご報告します。

11月8日にNVDA本家版 2012.3 が正式にリリースされました。
その後、いくつかの言語(日本語ではありません)の翻訳の不備が見つかり、現在 NVDA 本家ではまもなくリリースされるバグ修正版の 2012.3.1 と、来年の2月か3月を目標にした 2013.1 の開発が並行して行われています。

NVDA 日本語チームは、2012.3.1 のリリースを待って 2012.3jp ではなく 2012.3.1jp をリリースすることになりました。

11月8日から18日にかけて、タイのバンコクで世界盲人連合 WBU の総会が開催され、NVDA 開発者の Michael Curran さん、James Teh さんのおふたりも参加しました。
私もバンコクでこの会合に参加して、お二人と打ち合わせをしたり、ブース出展を手伝ったりしました。

アジアやアフリカの多くの国で NVDA が使われ始めており、教育機関での指導がはじまっていることが、よくわかりました。

11月16日の WBU のディナーイベントの席で、Thailand Association of the Blind (TAB Group) が NVDA の PowerPoint 対応のために
資金を援助することが突然発表されると、他の国の視覚障害者団体からも、我も我もと資金援助の申し出が発表され、会場は異常な熱気に包まれました。

Facebook の NV Access ページのコメント

資金のある国の当事者団体が、開発途上国の当事者を支援する、という、世界の NVDA コミュニティの新しい動きが、決定的になった日でした。

私はATDOの研究員としての第1回の海外出張を無事に終えましたが、すぐに次の海外出張が控えています。。

NV Accessのブース展示の様子
各国からNVDAへの資金援助が発表されたディナーイベントの様子