2012年

元日の空に、龍の顔のような雲が見えました。

2011年3月に私はこんなことを書いていました:

「それは危機のように見えるかもしれないが、実は幻想の終わりにすぎない」「危機をいっそう悪化させるのは現状維持のために注ぎ込むエネルギー」ワインバーグ「コンサルタントの秘密」第9章より

10年以上前に京都に住んでいたころ、起業家やNPOや芸術家の人と多く知り合った。みんな口を揃えて「震災が人生を変えた」と語ってくれた。それがどういうことなのか、これから首都圏の人々が理解しはじめるだろう。

今日、日付が1月1日に変わったときに私はこんなことを書きました:

いくら「良い年に」と願っても、待っているだけでは物事は良くならない。自分が動くしかない。険しい道でも歩いて行くしかない。2012年はそんな覚悟の年です。

自分の活動のキーワード「オープンソース・アクセシビリティ・音声インターフェース」は10年前と変わっていません。いや、原点に戻ってきたというべきか。。

2011年はオープンソースのスクリーンリーダー NVDA 日本語版 (nvdajp) のリリースを担当しました。先日、開発者 Skype 会議を行って NVDA 2012.1 の日本語化も担当せよという話になったので、私が担当させていただきます。

昨日、2011年の最後にこんなことを書きました:

音声研究者が膨大な時間とお金をかけて作り出した技術が、もはやタダ同然でみんなの手に。。

音声対話・音声インターフェースの技術がやっと身近なものになりました。
この分野で博士号の学位を授与された研究者・技術者の一人として、「勝負が終わった」のではなく「ゲームのルールが変わった」と捉えながら、新しい現実に向き合い続けていきたい。
そんな風に思っています。

Share