Firefox 43 と WebVisum のこれから

NVDA ユーザーが画像認証 (CAPTCHA) の壁を克服する手段として広く知られている WebVisum という Firefox アドオンがあります。
ミツエーリンクス まほろば などで紹介されています。

最近の Firefox と WebVisum について私が知っていることの整理と、問題提起をしておきます。

最近リリースされた Firefox バージョン 43 から、Firefox の開発元が認証をしたアドオンだけがインストール、実行できるようになりました。

WebVisum はまだ Firefox 開発元の認証を受けたバージョンを公開していないようです。

未認証のアドオンの実行を禁止するようになったのは、システムを不安定にしたり不正アクセスの原因になったりするアドオンが広まることを防ぐ目的のようです。

回避策はいくつかあり、後述しますが、どれも根本的ではありません。

根本的には WebVisum が最新の Firefox に対応するように、ちゃんと開発、システム運営を続けてもらう必要があります。

英語でしか書かれていませんが、WebVisum に寄付をしたり運営に協力したりしてください、みたいなことはサイトに書かれてはいます。

いままでそういう支援を検討しておられたのなら、この機会に WebVisum の運営元に対して、今後もちゃんと開発されていくのか、確認をしてみられるのがよいと思います。

たしか今年の夏ぐらいに WebVisum のサーバーが止まって、一時的に WebVisum が使えなくなったことがあったはずです。
海外のメーリングリストでは WebVisum の代わりになるものがないか、という質問がときどき出るようになりました。

Firefox のアドオンは今後も大きな仕様変更が予定されているはずです。
もし WebVisum の開発が止まっているなら、将来の Firefox のバージョンアップに追従できなくなり、WebVisum は使えなくなってしまうと思います。

以下、暫定的に WebVisum を使えるようにするいくつかの方法です。

(1)
自己責任で Firefox の設定を書き換えて、未認証のアドオンを有効化する。

例えば「窓の杜」の以下の記事に書かれています。

「Firefox 43」では未署名のアドオンが利用不可能に
“about:config”でオプションを無効化すれば、次期バージョンまでは継続利用が可能

Firefox 44 ではこの方法は使えなくなるそうです。
なのでいまから約6週間しか有効ではありません。

(2)
Firefox 38 延長サポート版 (ESR) に乗り換える。

Firefox ESR 38 という、仕様としてはバージョン38のまま、セキュリティ修正だけは2016年5月まで行われる特別な Firefox があります。
下記ページの下の方に日本語 Windows 版のダウンロードリンクがあります。
Firefox/Thunderbird 法人向け延長サポート版

この ESR 38 で WebVisum のサイトからアドオン ( WebVisum 0.9.1 ) をダウンロードしてインストールできることは確認しました。
(未認証のアドオンは自己責任で使ってください、というメッセージは出ます)

この方法も2016年5月までしか有効でなく、次にメジャーバージョンアップされる ESR ではいまの WebVisum は使えないはずです。

(3)
Firefox のバージョンを戻す、バージョンアップを止める。

おそらく皆様最初に思いつくことと思いますが、セキュリティ上の不具合があると分かっていて使い続けることになるため、良くない方法です。

けっきょくは WebVisum というサービスが本当に必要なのか、もし必要なのだとしたら、どうやって WebVisum の開発者や運営者を支援するのか、といったことが問われていると思います。

まあ NVDA もそうなんですけどね。。

CAPTCHA のために WebVisum が使われ続けることは、スクリーンリーダー利用者に対してアクセシブルな操作手段を提供しないサービス運営者を容認することに繋がっているとも考えられます。

以前は日本で広く普及しているスクリーンリーダーが Firefox に対応していなかったため、画像認証をクリアしたい、Firefox を使いたい、じゃあ NVDA を覚えよう、という順番で NVDA に注目された時期もありました。

しかし私は NVDA 開発者たちの思想を尊重して、WebVisum にしがみつかないことも、模索したい、してもらいたい気持ちになっています。

以上、議論の材料になれば幸いです。

追記(2016年8月22日):

WebVisum のサイトに掲載されているバージョンは 0.9.1 のままですが、Mozilla のサイトでは2016年7月18日にリリースされた WebVisum 0.9.5 が紹介されており、認証済みのアドオンとして利用できるようになりました。

Share
カテゴリーnvda