NVDA日本語版 2013.1.1jp の公開とイベント開催のご案内

Share

無料(オープンソース)の Windows 用スクリーンリーダー NVDA (NonVisual Desktop Access) の日本語対応をすすめる NVDA 日本語チームは、2013年7月8日に最新の日本語版 NVDA 2013.1.1jp を公開しました。

ダウンロード
http://i.nvda.jp

NVDA 日本語版 2013.1.1jp のライセンスは GPL v2 です。
Windows 8, 7, Vista, XP の32ビット版および64ビット版に対応しています。
Windows 8 ではタッチ操作が利用できます。

以下は対応しているアプリケーションの一部です:

  • Webブラウザー (Mozilla Firefox を推奨、 Microsoft Internet Explorer, Google Chrome にも対応)
  • Adobe Flash Player によるアクセシブルなコンテンツの操作
  • 電子メールクライアント (Mozilla Thunderbird を推奨、Windows Live Mail, Outlook にも対応)
  • Microsoft Office アプリケーション Word, Excel, !PowerPoint の主要な機能(対応バージョン 2003, 2007, 2010)
  • LibreOffice (推奨バージョン3.6.6)
  • Skype for Windows (バージョン6.5で動作確認済)
  • Apple iTunes for Windows
  • Twitter クライアント Tween
  • 日本語入力システム(Microsoft IME, Microsoft Office IME および ATOK を推奨、Google 日本語入力にも対応)
  • Adobe Reader によるアクセシブルな PDF 文書の読み上げ
  • Adobe Digital Edition によるアクセシブルな EPUB 書籍の読み上げ
  • AMIS によるオーディオ DAISY およびマルチメディア DAISY 書籍の読み上げ

以下は利用できる点字ディスプレイの一部です:

  • ケージーエス ブレイルメモシリーズ(ブレイルテンダー、ブレイルメモポケットを含む)
  • ケージーエス ブレイルノート 46C/46D
  • HIMS ブレイルセンス・オンハンド(日本語版を含む)
  • 日本テレソフト 清華シリーズ

オーストラリアの非営利法人 NV Access がリリースする NVDA は、Michael Curran, James Teh の両氏が中心となって開発を行い、世界のコミュニティが支援しています。
NVDA は多くのアプリケーションに対応し、インストール不要で利用できるポータブル版、アドオンによる機能拡張など、さまざまな特長を備えています。

2013.1 の更新内容は、直観的で一貫性のあるラップトップ配列の採用、Microsoft PowerPointへの対応、ウェブブラウザでの詳細説明(longdesc)への対応、点字ディスプレイからの入力(日本語は非対応)などです。

NVDA は世界40以上の言語に対応していますが、音声エンジンと点訳エンジンは日本語に対応していません。
そこで NVDA 日本語チームは、日本語音声エンジンと点訳エンジンを搭載した NVDA 日本語版を独自にリリースしています。

2013.1jp では仮名漢字変換の互換性や安定性の改善、日本語点訳規則や情報処理点字への対応、点字ディスプレイのカーソル位置処理の実装、および多くのバグ修正を行いました。
2013.3.1jp 以前のバージョンから上書きインストールしたときは点字設定の出力テーブルを「日本語6点情報処理点訳」に設定してください。

なお、日本語設定「日本語版の文字入力拡張」がチェックありのときには ATOK 対応やカナ文字の説明に関する改良を行います。この設定は既定値で有効になっています。なお、複数の文節を変換するときの文節の移動など、読み上げに対応できていない部分があります。

2013.1.1jp では Windows 8 での読み上げ辞書編集などの不具合の修正、KGS ブレイルノート46C/46D への対応、罫線文字や記号など文字説明機能の改良を行いました。

レビュー内の現在の文字を通知(デスクトップ テンキー2、ラップトップ NVDA+ピリオド)コマンドは、以下のように仕様変更されました。

  • テキスト内の現在行のレビューカーソル位置の文字を、その文字の説明や例で通知します(説明モードの場合。読みかたモードでは漢字を説明ではなく文字の通りに読み上げます)。
  • 2度続けて押すと半角や全角、ひらがなやカタカナなどの情報をつけて文字を説明します。点字ディスプレイにも文字説明を出力します。点字設定「メッセージの表示終了待ち時間」の時間が適用されます。
  • 3度続けて押すと10進数と16進数による文字コードを通知します。
  • 4度続けて押すと 「説明モード」「読みかたモード」が切り替わります。既定値は説明モードです。このモードは NVDA を終了するときに保存されません。

これに伴い、日本語設定「カタカナの前にカタカナと読む」 「半角の前に半角と読む」 オプションを削除しました。「カタカナ」「半角」の確認は「現在の文字を通知」の2回押しで可能です。

詳細はNVDA日本語版の説明をご覧ください。

なお、NVDA 日本語チームは、NVDA の機能や活用方法、日本語化の取り組みをご紹介するために、下記のイベントを開催します。
NVDA にご興味・関心のある個人・団体・企業の皆様、ふるってご参加いただきますよう、ご案内申し上げます。

イベント名:NVDAワールド 2013 横浜
主催:NVDA日本語チーム
共催:View-Net神奈川
日時:2013年8月17日(土)10時30分から17時
会場:横浜市市民活動支援センター(神奈川県横浜市中区桜木町1-1-56)
協力:DemekinText

詳細はWebサイトでご確認ください。

下記のフォームにて参加申し込みを受け付けております。

http://bit.ly/nvdajp2013aug

事前申し込みは必須ではありませんが、ご協力いただければ幸いです。
ご来場者には NVDA 日本語版および DemekinText の DAISY 版教材 CD-ROM を配布します。
お申込みいただいた方には確実に CD-ROM をお渡しできるように準備します。

NVDA日本語チームへのご連絡はメールアドレス nvdajp@nvda.jp にお願いします。

カテゴリーnvda