NVDA 日本語ベータ版 2012.3jp-beta1

NVDA日本語版 2012.3jp のベータ版 NVDA 2012.3jp-beta1 を公開しました。

ダウンロードは下記からどうぞ:
nvda_2012.3jp-beta1.exe

NVDA日本語版はNVDA日本語チームが NVDA プロジェクトの成果を利用して開発したものです。
この 2012.3jp-beta1 はテストのために公開するベータ版です。
一般的なご利用のときは安定版 2012.2.1jp をお使いください。

このバージョンは本家 2012.3 ブランチのリビジョン 5586 をベースに日本語のための拡張を行なっています。
日本語版と本家版の違いをお伝えするために 「NVDA日本語版の説明」 を公開しました。
これは 2012.3jp-beta1 に入っているドキュメントと同じ内容です。

実行ファイルの電子署名は安定版で行なう予定ですので、デバイスマネージャーの読みあげなど、電子署名が必要な作業はひきつづき安定版 2012.2.1jp でご利用ください。

今回「特定の日本語のログイン名でNVDAインストールが実行できない」など、NVDA 本家の開発者と協力して解決できた問題もあります。
ベータ版で何か問題があった場合に、本家版で同じ問題が起きていれば、本家の 2012.3 のバグ修正に日本から貢献できる可能性があります。

本家の 2012.3 は11月上旬のリリースを目標にしています。NVDA本家の翻訳チームの一員としては、2012.3 本家のリリースも大事な目標です。
日本語入力の読み上げが本家版の実装で完全になれば、日本語チームの独自実装からの移行が可能となり、日本語入力はさらに安定するはずです。

今回の日本語版で加わった大きな機能は「文字説明モード」です。カーソルを左右に移動するだけで文字が詳細説明されます。また、カタカナは低い声で、半角文字は高い声で読み上げます。
本家版のリリースに続いて NVDA 日本語版は11月下旬のリリースを目標としています。

次の次のバージョン 2013.1 では、本家版に日本語の点字サポートを組み込もうとしています。最初は限られたことしかできないでしょうが、NVDA本家の開発に日本語チームの参加が期待され始めています。

Share
カテゴリーnvda