NVDAワークショップ・意見交換会が終了

Share

多くのかたにお集まりいただいて、オープンソースのスクリーンリーダー NVDA の日本でのワークショップ意見交換会が終わりました。
PyCon JP 2012の関係者の皆様にもお世話になり、また話題にしていただけたことを嬉しく思います。
また募金、運営、告知などで本当に多くのかたにお世話になりました。

写真は9月17日「意見交換会」の参加者の集合写真です。

5日間の Michael Curran さんの滞在にずっとご一緒して、予定していたことも、予定しなかったことも、いろいろお話できました。
公開のイベントであったワークショップと意見交換会については、すでに YouTube Live でも録画を公開していますが、別の録画や録音もありますので、整理してご報告したいと思います。

世界の約40の言語に対応しているNVDAですが、各国の翻訳担当者と顔を合わせることはほとんどなく、インターネットを通じて共同作業が行われています。
しかし、いろいろな国に行って文化を理解することは大事だね、と Michael Curran さんは思ったようです。
そして CSUN のような世界レベルの国際会議をのぞいて、NVDA の関係者が大勢集まってイベントをすることなんて、世界でも滅多になかったことのようです。

NVDA日本語チームのSkype会議はまた来週から月曜日の夜に行います。
今後ともよろしくお願いします。