カテゴリー
wit

SICEワークショップ

Share

先日、計測自動制御学会の「SICEライフサイエンス(生命,健康,医療,福祉)の現状と連携推進を探る」に参加しました。

午前中は、ブレインストーミングのような手法でSICE各部会の問題や今後の活動の方向性をまとめる、という場だったので、正直場違いだったかと思ったのですが、「私はSICE会員じゃないですが・・」「じゃあライフサイエンス部門に期待することを書いてください」みたいな感じで参加させていただきました。

使われたのは「ディズニーが会社を変える」(PHP研究所、2002年)に基づいて説明された「ストーリーボーディング」という手法。参加者全員がカードに自由な記述をして、それをホワイトボードや壁に貼り付けながら議論をしていく、というものでした。

本当は「どのようなライフサイエンスの研究がされているか」ということがわかるかと思ったのですが、そういう場にはならず、「SICEライフサイエンス関係者の皆様の興味や関心事」のマップが作られました。しかしその過程で、なんとなく現状も透けて見える、という感じの経験になりました。

いくつか気づいたことを書くと:

  1. WIT(福祉情報工学研究会)と問題意識や現状が似ている。例えば「組織が細分化された結果希薄になった横の連携の再構築が課題」「気持ちよさや負荷など人間の内面の測定に関心がある」「現場のニーズ発掘、医学や臨床の当事者との連携の場を求めている」など。
  2. 企画の立て方や進め方に見習うべき点あり。例えば、このストーリーボーディングの締めくくり方を「次のイベントの企画」「学会誌の特集号のテーマ」など具体的に設定して、ひとつの企画を上手に次の活動につなげておられる。
  3. 人脈と人柄。今回は産総研の小野さんのご尽力とのことでしたが、魅力的な企画に必要なものを改めて痛感しました。

それから、私がWITの幹事であることを名乗ったので、逆に「WITはどうして年6回も研究会を開催して盛況にできているのですか?」という質問を小野さんから受けました。「当事者の参加(情報保障)に配慮していること」「来ていただくだけでなく、見学会を企画するなど、こちらから出向く努力」を挙げておきました。

午後は「関連の学協会との連携を探る」というセッションでした。車いすの方もたくさん参加。ロボット、計測、制御といった分野の研究者の方々と、障害の当事者やリハビリ関係者の方々が、「どのような場があればうまく連携できるか」といった議論。私には不勉強だった分野のお話が多く、大変興味深く伺いました。