カテゴリー
galatea

VoiceXMLとRuby on Rails 続編

Share

3月にVoiceXMLとRuby on Railsという記事を書きましたが、Ruby on Rails 2.0.2 で作り直してみました。

# routes.rb に追加 -> http://localhost:3000/weather/state1.vxml
map.connect ':controller/:action.:format'
# 001_create_region.rb
class CreateRegions < ActiveRecord::Migration
def self.up
create_table :regions do |t|
t.string :name
t.string :yomi
t.string :weather
t.timestamps
end
end
def self.down
drop_table :regions
end
end
# 002_add_test_data.rb
class AddTestData < ActiveRecord::Migration
def self.up
Region.delete_all
Region.create :name => '東京', :yomi => 'とうきょう', :weather => '晴れ'
Region.create :name => '横浜', :yomi => 'よこはま',   :weather => '曇り'
Region.create :name => '大阪', :yomi => 'おおさか',   :weather => ''
Region.create :name => '京都', :yomi => 'きょうと',   :weather => '晴れ時々曇り'
Region.create :name => '広島', :yomi => 'ひろしま',   :weather => '曇りのち雨'
end
def self.down
Region.delete_all
end
end
class Region < ActiveRecord::Base
end
class WeatherController < ApplicationController
def state1
# counter をセッションで記憶する 
if !session[:counter]
session[:counter] = 1
else
session[:counter] += 1
end
@regions = Region.find(:all)
end
def state2
if params[:region]
@region = params[:region]
@weather = Region.find_by_name(@region).weather
end
end
end
[state1.vxml.erb]
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<vxml version="2.0" xml:lang="ja">
<form id='ask'>
<field name='region'>
<prompt timeout='20s'>
<%= session[:counter] %>番です。
天気を聞きたい地域を、
<% @regions.each do |item| -%>
<%=h item.name %><% end -%>
から選んでください。
</prompt>
<grammar version='1.0' root='#region_rule'>
<rule id='region_rule'>
<one-of>
<% @regions.each do |item| %>
<item> <token sym="<%=h item.yomi %>" slot='region'> <%=h item.name %> </token> </item>
<% end %>
<item> <token sym='まいくてすと'>マイクテスト</token> </item>
</one-of>
</rule>
</grammar>
</field>
<block>
<submit next='<%= url_for(:action=>"state2") %>.vxml'/>
</block>
</form>
</vxml>
[state2.vxml.erb]
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<vxml version="2.0" xml:lang="ja">
<form id='answer'>
<block id='answer'>
<log>地域=<%=h @region %>:天気=<%=h @weather %></log>
<prompt> <%=h @region %>の天気は<%=h @weather %>です。<break /> </prompt>
</block>
<block>
<goto next='<%= url_for(:action=>"state1") %>.vxml'/>
</block>
</form>
</vxml>

以前は rxml で VoiceXML を生成してみたのですが、やはり vxml.erb の方がすっきりしました。

そして興味深いことに、同じコントローラーで html.erb も動かすことができそうです。

[state1.html.erb]
<html>
<body>
<p> <%= session[:counter] %>番です。 </p>
<% form_tag :action => 'state2' do %>
天気を聞きたい地域:
<select name="region">
<% @regions.each do |item| -%>
<option value="<%=h item.name %>"><%=h item.name %></option>
<% end -%>
</select>
<%= submit_tag "実行" -%>
<% end -%>
</body>
</html>
[state2.html.erb]
<html>
<body>
<p> <%=h @region %>の天気は<%=h @weather %>です。</p>
<%= button_to '戻る', :action => 'state1' %>
</block>
</body>
</html>

これまでISTCのマルチモーダル対話記述ワーキンググループで提案してきたアーキテクチャ階層:

  • 西本 卓也: “マルチモーダル対話システムのためのアーキテクチャ階層化,” FIT2006イベント企画「音声・マルチモーダル対話記述とその標準化」予稿集, Sep 2006. (PDF)

と対応させてみると、

  • 6層「データモデル」が ActiveRecord
  • 5層「タスク間制御」が Controller のアクション
  • 4層「タスク内制御」以下が View (html.erb または vxml.erb)

になっており、モダリティごとの View を統一的に記述する方法を見つけることが、4層と3層を分離して記述するためのステップになりそうです。ヘルパーメソッドやパーシャルなどの機能がその部品になるでしょう。また、コントローラーのモダリティ独立性という観点からも RESTful であることが重要だ思います。