カテゴリー
未分類

障害者の日

Share

12月9日は障害者の日だった。

そんなことをまともに知らないまま、
「視覚・聴覚に障害のある人たちのための
放送バリアフリーシンポジウム」
というのを聞きに行った。

視覚に障害がある人の92%は
「主な情報源はテレビ」。
ラジオじゃないの?と思うのだが、
「テレビの方が内容が充実している」
「みんなが見ているものに合わせたい」
というのが実情。
そういう人たちのために必要なのは
副音声などの「解説放送」。

聴覚に障害がある人が使う「字幕放送」。
2007年に生放送以外の番組への字幕の義務化、
という目標に向かって放送局は動いている。
ディジタル放送や音声認識という技術進歩により、
現実的になってきたが、コストが課題。
字幕だけでなく「手話放送」にもニーズがある。

そういう障害者のための放送を行っている、
「CS障害者放送統一機構」というNPO法人が、
今回のシンポジウムの主催だった。

主催団体や当事者達の主張を要約すれば、
「我々は利用者のニーズを踏まえた活動をしているので、
放送事業者との話し合いの場をもっと設けて欲しい」
という感じだろうか。。。

「放送のバリアフリー化」の必要性は
みんな分かってくれるが、そのためにコストを払うか、
あるいは字幕や手話を必要としない人の不利益に
ならないようにできるか、というところに問題がある。

少数の人々の特別なニーズを満たす以前に、
放送はそもそも「多くの人」のためのものだから。

そして、特にローカル局などでアクセシビリティを
考慮するためには、放送事業者が地域と密着して、
当事者と協力する必要があるとのこと。

どっかで聞いたような話だ。

少数の人々のための情報発信。
当事者の参加。
受信者がコンテンツに関与する「集合知」。

放送は「みんなのための正確で客観的なもの」である。
先日もゴルフ中継でランキングを間違えて放送した局が
放送法違反という指摘を受けたり、
大河ドラマで時代考証を間違えた台詞があったり、
という話題があったばかりだ。
「放送」はそれだけの縛りがある。
だから放送と通信の境界は簡単には越えられない。

放送は「ユニバーサルなサービス」である。
ユニバーサルデザインにすることで、
障害者だけではなく多くの人が利益を得られる。
字幕放送がにぎやかな場所でのテレビ視聴に役立つ、など。。

でも、ユニバーサルサービスは万能ではないし、
法律で「これを義務づける」とか、
技術で「これを自動化する」といったアプローチは、
どうしてもすべてのニーズをカバーできない。

テレビの緊急警報放送の音が鳴ったら
ラジオをつけて何が起こったかを知る、
という視覚障害者。

字幕のついていないインタビューの内容を、
生放送中に友人にメールで頼んで書き起こしてもらう、
という聴覚障害者。

そういう話は「だから私達は困っている」という
事例だったりするのだが、
こういう人と人とのやりとりを、
うまく支援できないだろうか、と思ったりする。

それにしても、
実は視覚障害者よりも自分の方がテレビを見てない、
という事実にちょっとショックを受けた。