カテゴリー
galatea

Julius の「デコーダに基づくVAD」

Share

音声認識エンジン Julius 4.1 に関する記録。

「デコーダに基づく VAD は,デフォルトでは無効化されており,使用するにはコンパイル時に configure オプションで –enable-decoder-vad を指定し,実行時に -spsegmentを指定する」だそうです。

$ sudo apt-get install cvs flex libdb-dev
$ cvs -z3 -d:pserver:anonymous@cvs.sourceforge.jp:/cvsroot/julius co julius4
$ cd julius4
$ sh configure  --enable-decoder-vad
$ make

ということで現在 Galatea Dialog Studio にて評価中です。