MagicPoint

そして研究会2日目の金曜日。自分の研究会をセッション一つだけ抜けて、同じ島根大学の中で開催されていたまつもとゆきひろさんの学生向け講演会に顔を出してきました。

終了後、どぎまぎしながら、名刺交換させていただきました。ThinkPad を閉じようとしているまつもと氏とこんな会話を。

プレゼンテーションソフトは何を?

MagicPointです。

あー、ありましたね(なんて失礼な。。)

じゃあLinuxなんですね。

そうです。あー、失敗した(うまく shutdown しなかったらしい)

お話お上手ですね(なんて失礼な。。)

私はろくなこと言ってませんね。あちゃあ。

後半の討論会は最初しか参加できませんでしたが「地域振興の切り札」に祭り上げられたまつもと氏を見ていると、もっとそっとしてあげたい気がしました。

そんな話を島根大学の縄手先生にしたら「島根県のサイトの読み上げをGalateaTalkでやってたときに、半角仮名文字を読み上げないから文字コード変換をして…とか、まつもとさんが御自身でなさってたみたいですよ」とのこと。そんなNaClさんの足手まといになったGalateaTalkの関係者であることを私はあの場で名乗らなくてよかったのかも知れない。。と思いました。

あれ以来、Ruby on Rails による VoiceXML アプリケーション開発についてつらつらと検討中です。

Share