checkinstall

Share

最近、簡単に .deb パッケージを作るツールの存在を知りました。

さっそく galatea で使用しています。

GalateaTalk で使っている言語処理系 /usr/local/istc をパッケージにする例です:

準備

作業環境は Ubuntu Linux 8.10

$ sudo apt-get install checkinstall

目標

  • /usr/xxx にインストールするための .deb を作る

準備

  • インストールするコマンドを確認。ここでは sudo ruby setup-morph.rb だとする。
  • mkdir istc-galatea-morph-20090216 のようにパッケージ名とバージョン番号をつなげたディレクトリを作り、その中で作業するとスムーズ。

作業

$ sudo checkinstall ruby setup-morph.rb

いくつかデフォルトから変更。

管理者: nishimoto@m.ieice.org

ライセンス:ISTC

パッケージ名: istc-galatea-morph

  • パッケージが作成され、インストールが行われる。owner が root なので sudo chown しておく。

完成したパッケージのインストール

$ sudo dpkg -i istc-galatea-morph_20090216-1_i386.deb

$ ls /usr/local/istc

chaone-1.3.2-istc chasen-2.4.1-istc unidic-chasen139_eucj