Categories
未分類

第61回音音研 6月18日

Spread the love

下記のとおり開催します。直前のお知らせで恐縮ですが、ご興味のある方はお気軽にご参加ください。

  • 第61回 2009年6月18日(木) 18:30-
  • 話題提供1:東京女子大学 松村瞳さん+東京大学 西本
    • テーマ:音声CAPTCHAの検討
    • 要旨:昨年度から東京女子大学と東京大学の共同で行っている「人間が聞き取ることができ、機械に認識されにくい音声」の研究について、昨年度の成果の報告を行い、今年度の研究計画についてご助言をいただきたいと思います。
  • 話題提供2:帝京平成大学・川島先生
    • テーマ:音源分離知覚について
    • 要旨:日常的な場面では人間は重畳信号から個々の音源について知覚する。その理解は例えば何を分離知覚しているのか,あるいはその知覚に関わる要因とメカニズムはどのようなものかという点について行われてきた。今回は音源分離知覚に関するこうした問いについて文献調査と発表者の研究の結果などから得られる回答を整理する。
Categories
未分類

第60回音音研 5月7日

Spread the love

下記のとおり開催します。ご興味のある方はお気軽にご参加ください。

  • 2009年5月7日(木) 18:30-
    • 場所:東大本郷 工学部6号館
    • 講演者:榊原 彩子さん(一音会 音楽スクール)
    • タイトル「絶対音感習得過程の縦断的研究」
    • 絶対音感は、保有者が0.2~0.5%という稀な能力でありながら、その臨界期(2~6歳)内に訓練をおこなうことで、ほぼ100%、習得が可能な能力です。本研究は、絶対音感を持たない幼児に、和音判別訓練法による習得訓練を実践し、習得にいたる過程がどのような変化を含むものか、縦断的に明らかにするものです。和音判別訓練法は、毎日実施する和音判別課題から主に構成され、絶対音感習得までに平均約4年の訓練期間を要します。今回は、特に22事例の訓練結果を報告することで、訓練法および習得過程について発表させていただきます。また、訓練データの集約の仕方や今後の方向性について、ぜひ皆様のご意見をうかがいたいと強く願っております。
Categories
未分類

ヒューマンインタフェース学会研究会賞

Spread the love

2009年3月付けでヒューマンインタフェース学会研究会賞を受賞しました。受賞した発表は2008年12月 HI学会研究会(電子情報通信学会WIT研究会と共催)「音韻修復効果を用いた音声CAPTCHAの検討」です。

この発表は、さまざまな分野の知見・アプローチをいかに統合していくか、という目標の最初の一歩に過ぎないと思っていたので、こうした評価を受けて大変励まされました。これからも頑張りたいと思います。

Categories
未分類

[galatea] イベントとISTC総会

Spread the love

昨日、情報処理学会第71回全国大会の特別セッション「擬人化エージェントとの音声対話を実現する基盤ソフトウェア」にて、Galatea for Linux の最新版を紹介しました。お集まりいただいた皆様にお礼を申し上げます。

またその後に ISTC 実行委員会と総会が開催され、4月以降に sourceforge.jp でオープンソースソフトウェアとして公開するという方針も、正式に了承されました。

個人的には私は昨日ずっと Ubuntu 8.10 で Impress!ve を使ってプレゼンテーションをしました。ThinkPad X300 で、Galatea のデモでは USB-Audio アダプタを使用。下記の記事のおかげです。いまや Impress!ve に比べたら Galatea なんて軽い、軽い。。

実行委員の間では、オープンソースのライセンス戦略について様々な質問・意見がありました。また、国際化も重要な課題という認識が実行委員メンバーで共有されつつあります。

Galatea は2003年に IPA のプロジェクト成果として公開後、正式には最新版を公開していません。しかし IPA 最終版についても、公開後多くの方から利用方法やライセンスについてお問い合わせをいただいてきました。これからも利用者・関心をお持ちの方からのご意見を伺っていきたいと思います。

Categories
未分類

[wit] 第46回研究会が終了

Spread the love

松山での研究会が終了しました。

個人的には、音声認識や話速変換などの技術を情報アクセシビリティにどう生かすか、改めて考えさせられました。これをきっかけに情報保障の実験が活発になればよいと思います。私も音声認識の応用など、自分でもいろいろやってみたいと思いました。

以下、次回以降の予定です。

  • 第47回研究会:2009年3月23日~25日
    • 会場:島根大学(松江市) 一般発表16件
    • 2008年度HCGシンポジウム合同イベント
      • 「オブジェクト指向スクリプト言語 「Ruby」の開発」 まつもと ゆきひろ(ネットワーク応用通信研究所)
      • 「エンタテイメント工学:心を豊かにする科学技術の創生」 苗村健(東大)・稲見昌彦(慶大)
      • 「HC研究の過去・現在・未来 ~ MVE研の事例から ~ 」
      • HCG懇親会(HC賞表彰式)
    • 手話通訳・要約筆記=2月27日締切
    • 点字資料=研究会プログラムと概要を作成予定
  • 第48回研究会:2009年5月14日~15日
    • 会場:沖縄産業支援センター
    • 発表申込期限:2009年3月13日
    • テーマ:コミュニケーション支援,共生コミュニケーション,および福祉情報工学一般
    • 共催:ヒューマン情報処理研究会(HIP),ヒューマンコミュニケーション基礎研究会(HCS),ヒューマンインタフェース学会研究会
Categories
未分類

大統領と情報保障

Spread the love

2月20~21日に愛媛大学で開催する第46回(平成20年度第5回)福祉情報工学研究会では「通訳者支援システム「イズ」とその情報保障支援の可能性」という招待講演企画を行います。そこで紹介していただく「イズ」というシステムを使ったイベントが2月10日に四谷で開催されるそうです。

緊急開催!特別通訳セミナー

「オバマ大統領演説~そのスピーチ英語に迫る」

~世界初の通訳支援システムを使った同時通訳の実演付~

下記サイトでも案内されています。

「日本の通訳の草分けで大御所の小松達也氏をお迎えして「is」の初めての公開同時通訳を行います」とのこと。

このシステムを、英語の通訳だけでなく、手話通訳やPC要約筆記など情報保障の普及に役立てられないか、という提案が、愛媛大学の研究会での企画趣旨です。

「通訳者支援システム「イズ」とその情報保障支援の可能性」

企画概要:

一般に通訳においては聞きながら喋るという作業が必要であり高い認知的負荷が生じる。

これは手話通訳などの情報保障においても同様と考えられる。

特に通訳作業におけるこのような認知的負荷を軽減するために、(株)ストレートワード、(株)パワーシフト、東京大学の共同で通訳者支援システム「イズ」が開発され、これまでに日本語・英語などの同時通訳・逐次通訳におけるパフォーマンス向上とコスト削減の効果が確認されており、語学学習、講演聴講支援など多様な応用も期待されている。

本企画ではこのシステム「イズ」を実演を交えて紹介していただく。

本システムでは話速変換が技術要素として用いられており、また、手話通訳や要約筆記など情報保障への応用の可能性を秘めている。

聴覚および福祉情報工学の共催研究会において本システムの紹介の場を設けることで、さまざまな議論のきっかけになることを期待したい。

ご紹介する技術が情報保障に役立つ、ということは、今の段階では著者グループと私の中での仮説に過ぎません。

今回の企画で技術をご紹介いただくことをきっかけに、こういった実験を研究として行う場が自発的に形成されることを期待しています。

余談ですが、1月のオバマ大統領就任の際にホワイトハウスのウェブサイトがリニューアルされました。RSS フィードが発信され、さらにアクセシビリティに力を入れることが宣言されています。ビデオ映像に字幕が付与されるなどの取り組みがなされています。

Categories
未分類

音音研の御報告

Spread the love

1月19日の音音研では、参加者7人にお集まりいただきました。

  • 橋田朋子さん(東京大学IML(インテリジェント・モデリング・ラボラトリ)特任研究員)

実演を交えて大変興味深いお話を伺うことができました。

最近、ヒューマンインタフェースの設計における基礎研究の重要性について考えているのですが、まさにそういう内容だったなあと思います。

ゲームの難易度に関するデザインがフロー理論的に優れている、と言いましたが、フロー理論のことは私が最近ブログに書いたばかりでした:

資料を公開しておられます:

なお、参加してくださった榊原さまから以下のお知らせをいただきました:

私は、主に絶対音感を習得させる訓練を実践し、その習得プロセスを研究テーマとしております。家業が音楽教室でして、気楽な2代目をしながら、時々、非常勤で教えている身分です。

(1月25日(日)、テレビ朝日系「ジキルとハイド」という番組の中で、ちょっとだけだと思いますが、私が実践している訓練が紹介されますので、もしご興味とお時間があれば、ご覧ください。)

あつかましい願いですが、いつかそんな話を発表させていただいて、皆様のご意見をいただいてみたいなあと夢想しております。

2月と3月は休会とさせていただき、4月以降に榊原さまの講演も計画しております。

今後もよろしくお願いします。

Categories
未分類

聴覚と福祉情報工学

Spread the love

第46回(平成20年度第5回)福祉情報工学研究会のご案内です。

  • 日時:2009年2月20日(金)~21日(土)
  • 共催: 聴覚研究会(日本音響学会)
  • 会場:愛媛大学(城北地区)教育学部四号館4階総合授業研究室
  • 手話通訳、PC要約筆記を実施予定
  • 詳細:http://www.ieice.org/~wit/
  • 企画(2月20日16:30~18:30)
    • 「最近のデジタル補聴器の技術と実際(仮題)」
    • 「通訳者支援システム「イズ」による情報保障支援の可能性」

昨夜は下記の企画についての打ち合わせでした。

  • 企画:通訳者支援システム「イズ」による情報保障支援の可能性
  • 講演:渡辺美知子先生(東京大学)
  • 実演:(株)ストレートワード様・(株)パワーシフト様
  • 概要:通訳は聞きながら喋るという作業であり高い認知的負荷が生じる。これは手話通訳などの情報保障においても同様と考えられる。特に通訳作業におけるこのような認知的負荷を軽減するために、(株)ストレートワード、(株)パワーシフト、東京大学の共同で通訳者支援システム「イズ」が開発され、これまでに日本語・英語などの同時通訳・逐次通訳におけるパフォーマンス向上とコスト削減の効果が確認されており、語学学習、講演聴講支援など多様な応用も期待されている。本企画ではこのシステム「イズ」を紹介していただき、特に手話通訳や要約筆記など情報保障への応用について議論する。
  • 関連URL:

福祉情報工学研究会では以前から学会等での情報保障を普及させるための活動に取り組んでいます。しかし特に手話通訳やPC要約筆記には費用がかかり、電子情報通信学会からの支援がなければ継続できない状況です。新しい技術を取り入れることで、情報保障をもっと実践しやすいものにできないか、と考えております。

今回は、情報保障の現状や問題を再確認すること、「イズ」について理解していただくことが目的です。今後、情報保障の新しい方法を模索していくための第一歩になれば、と考えております。皆様のご参加をお待ちしております。

Categories
未分類

第59回音声・音楽研究会のお知らせ

Spread the love

2009年1月19日(月曜日)18:40- 東京大学(本郷)工学部6号館

  • 橋田朋子さん(東京大学IML(インテリジェント・モデリング・ラボラトリ)特任研究員)のお話を伺います。
  • タイトル 「リミックスの知覚・動作過程における音楽経験の影響」
  • 要旨: リミックスと呼ばれる音楽断片をタイミングよく繋ぎ合わせることで音楽を作り上げる表現は,音楽熟達度によらず楽しめる新しい即興的音楽表現の形として近年非常に注目されています。心理学的観点からは詳しい検討は殆ど行なわれていないのですが,リミックスは(1)音楽断片を聞いて拍の累積時間間隔を推定するという心的予測過程と(2)予測したタイミングで動作を遂行するという動作遂行過程,という知覚と動作の2過程が同等に要求される非常に興味深い表現の形です。そこで音楽経験はリミックスに本当に影響を及ぼさないのか,もし及ぼす場合にはどちらの過程に起因するのか,を明らかにする実験を行ないました。本発表では,この実験の詳細とそこで得られた知見をいかした即興的音楽表現支援システム”TempoPrimo”の簡単な説明・実演を行ないます。

お気軽にご参加ください。

Categories
未分類

賀正

Spread the love

2009年もよろしくお願いします。

2008年に私は福祉情報工学研究会の幹事としてあちこちで研究会を開催して、通常の講演発表セッションだけでなく、見学会や企画を積極的に行うように努めました。いろいろな方にお世話になりました。感謝しております。

1月は松江オープンソースラボにて「プロジェクトゆうあい」の三輪様をはじめ皆様のお話を伺い、たくさんの研究開発事例を拝見しました。「島根県CMS」開発の背景を理解でき、島根大学でまつもとゆきひろさんのお話を伺うこともできました。思えばあれからずっと Ruby on Rails の勉強ばかりしていた1年だったような気がします。。

5月の神戸では、研究会翌日に神戸アイライト協会さんを見学させていただきました。私が京都で視覚障害者のパソコン教室のことを知った1999年のころから、何が変わって、何が変わっていないのか、再認識する機会になりました。阪神大震災から復興した賑やかな街並みを見る目も大いに変わりました。

7月の新潟では「地域連携による汎用コミュニケーションエイドの研究開発と知的障がい児・発達障がい児の教育支援」というシンポジウムを開催しました。プロジェクトを成功させるためにお金よりも技術よりもコラボレーションが大切、ということが納得でき、新鮮な発見がありました。

10月の所沢では国立障害者リハビリテーションセンターの見学会、パネル討論「障害当事者によるニーズ紹介」を行いました。これらも「現場と当事者」を重視した企画であったと思います。

12月の東京では特別企画「オープンソースソフトウェアとWebアクセシビリティ」(共催:ITRC UAI研究会)をさせていただきました。ソフトウェア開発の当事者としての自分の目標を再認識させられました。

研究のまとめ、個人的な活動、などの多くを2009年に持ち越してしまいました。この年末年始の時間を有効に使って頑張りたいと思います。