Categories
barrierfree bazaar nvda

#nvdajp 2011.1.1j 公開

Spread the love

日本語Windows対応のオープンソース・スクリーンリーダー NVDA 日本語版 2011.1.1j を公開しました
これは nvda-project.org がリリースした NVDA 2011.1.1 をベースにしています。ご利用は自己責任でお願いします。
2011.1.1j では「コマンドキーリファレンス」を最新の英語版に合わせて改訂し、特にラップトップのキー操作説明を追加しています。
NVDA によって Web アクセシビリティに関する検証が手軽に行えるようになります。
NVDA は Firefox 4 や Internet Exploler に対応しており、また Flash などの埋め込みオブジェクトの操作が可能です。
Adobe Reader による PDF ファイルの読み上げもできます。
また Java Access Bridge (2.0以上)によって Java アプリケーションに加えて OpenOffice.orgLibreOffice のアクセシビリティ機能が利用できます。

Categories
bazaar nvda python speech

NVDAjp 2010.2に向けて

Spread the love

NVDAjp 2010.2に向けて開発メンバーは作業を進めています。
ここでは私の作業状況を簡単にお知らせします。
2010.2 ベースの JTalk の話速を速くする実装の目処は立っており、 bazaar のレポジトリ
lp:~nishimotz/nvdajp/with_jtalk
rev.3531 として launchpad.net に置いてあります。
ただし、このレポジトリには zjtalk.py と jtalk.py の2つのエンジンがあり、(内部の実装はどちらも _jtalk.py です)zjtalk のほうは音声設定で話速のスライダーが出てきます。
jtalk.py のほうは話速設定がうまくできません。話速設定のために supportedSettings をいじると espeak が起動時エラーで落ちます。
なぜ espeak に影響が及ぶのかいまだに不明なのですが、zjtalk.py にリネームしたら解決したので、クラスを読み込んで初期化する順序に依存する問題と思われます。この現象は silence.py で試しても同じでした。
それから NVDAjp そのものではないのですが、10月の開発ミーティングの後の交流会の議論を踏まえて
「読み上げの改良のための情報を集めるサイト」
を試作しました。
Python でなく Ruby on Rails で作ってますが(笑)
こちらについても時間ができたら改良に取り組みたいので、御意見を伺えれば幸いです。
追記(11月15日)
10月30日に 2010.2j がリリースされています。
話速設定については将来のバージョンで追加される予定です。

Categories
bazaar nvda twitter ustream

UstreamとNVDA

Spread the love

週末の2日間にかけてUstreamの放送を行いました。5月9日はNVDA日本語化プロジェクトの様子を数人の方に見守っていただきました。
launchpad.netへのプロジェクト登録も公開の場で行いました。
バージョン管理ツール bazaar を本格的に使いこなせるようになってきました。
こういう仕事の仕方は「オープンソースの本質がオープンプロセス」であることを象徴していると思います。
いろいろな可能性がありそうです。
追記:
私のUstream環境ですが、1日目はThinkpad X300の内蔵マイク、内蔵カメラで放送。
2日目はカメラにMicrosoft Lifecam Cinemaを使用。2日目の後半では外付けマイクとオーディオテクニカのマイクアンプを使用。
放送マシンではUstreamのみにログインしてTwitter連携を使っていません。
別途モニター用マシンを用意。こちらはUbuntu 10.04環境でした。UstreamにゲストでアクセスしてUstreamの視聴画面からTwitterへのログイン。
こうすることで、TwitterもUstreamもnishimotzアカウントだけ(サブアカウントなし)で、放送とつぶやきとモニタリングができました。
新家さんがブログでコメントしておられます。
ありがとうございました。