英語と日本語

ウィーンで開催されたICCHPに参加して音声CAPTCHAの発表をしてきました。
私の英語のブログ記事をご覧ください。

会場(ウィーン工科大学)で無線LANが使えたので iPod touch で Twitter を使いながら聴講しました。
すぐに #icchp というハッシュタグが見つかり、Twitter を使っている研究者の方々をフォローしたり、興味深い発言をリツイートしながら話に付いていこうと努力していました。
海外で使える携帯電話を今回も持たないで渡航しました。しかし、日本から iPhone をお持ちになった方も 3G でパケット通信をするのは料金的に敬遠したい、とおっしゃっていたので、本当は Pocket WiFi のようなデバイスでローミングサービスこそが求められているのかも知れません。。

日本に帰国して、開業したばかりの成田スカイアクセス線のなかから、久しぶりにいつものアカウント @nishimotz で日本語でつぶやき始めたら “don’t, ‘cause i wouldn’t understand you anymore!” というリプライが来ました。

そうですよね。。ごめんなさい。。。

最初から日本語人格と英語人格を分けておけばよかったなあ、と今頃になって思ったのですが、手遅れ。。。

考えた末 @nishimtz というアカウントを新たに作り、日本語人格を新しいアカウントに移行(分離?)することにしました。

これを一つの機会に、「日本からの英語での情報発信」について積極的に考えていきたいと思います。

NVDA日本語アルファ版

6月30日にスクリーンリーダNVDA日本語化プロジェクトは「日本語アルファ版」をリリースしました。
このバージョンには限定的ながらも日本語IMEの読み上げに対応する機能が実装されました。
この件についてミツエーリンクスさんのブログでも紹介してくださいました。

昨日は開発ミーティングを開催しました。参加者は会場 3人+Skype 1人でしたが Ustream や Twitter で公開して様子をみていただきました。
Twitter発言のまとめはこちらです。

Google Groups に nvda-japanese-users というメーリングリストが開設されています。興味のある方はご参加ください。よろしくお願いします。

“NVDA日本語アルファ版”の続きを読む