NV Access 講演会, NVDA日本語版 2015.1jp, NVDA ミートアップ東京 2015.2

NVDA 開発者 Michael Curran さん(NV Access)の東京での講演会のお知らせです。

日時:2015年3月2日(月)13:00~15:00
場所:日本財団 2階第1会議室(東京都港区赤坂1-2-2)
参加費は無料、前日までに申し込みが必要
NVアクセス、創設者クラン氏講演会の詳細

この講演会は NVDA 日本語チームの行事ではありません。
西本はこの週末、東京で NVDA に関する打ち合わせに参加する予定ですが、 Mick さんの滞在が非常に短いため、NVDA 日本語チームとしては公開の行事を行わないことをご理解いただければ幸いです。

以下は NVDA 日本語チームからのお知らせです。

NVDA 日本語チームから NVDA 2015.1jp のリリース、および NVDA ミートアップ東京 2015.2 の開催日が2015年6月20日(土曜)に決定したことをお知らせします。

無料(オープンソース)の Windows 用スクリーンリーダーNVDA (NonVisual Desktop Access) の日本における開発コミュニティである NVDA 日本語チームは、2015年2月25日に NVDA 2015.1jp をリリースしました。

ダウンロード
http://i.nvda.jp

Windows 8.1, 8, 7, Vista, XP(SP3) の32ビット版および64ビット版に対応しています。
Windows 8 以降ではタッチ操作が利用できます。
NVDA 日本語版のライセンスは GPL v2 です。

このリリースは NVDA 本家版 2015.1 に基づいています。
2015.1 の主な改良は、Microsoft Word および Outlook のドキュメントでのブラウズモード、Skype (Windows デスクトップ版) および Microsoft Internet Explorer への対応の強化です。

オーストラリアの非営利法人 NV Access がリリースする NVDA 本家版は、Michael Curran, James Teh の両氏が中心となって開発を行い、世界のコミュニティが支援しています。
NVDA は多くのアプリケーションに対応し、インストール不要で利用できるポータブル版、アドオンによる機能拡張など、さまざまな特長を備えています。

NVDA 日本語チームがリリースする NVDA 日本語版は、NVDA 本家版に日本語の音声エンジンと点訳エンジンを追加するなど、日本語 Windows 環境のための改良を行っています。

NVDA 日本語版 2013.3jp 以降がインストールされ、「自動的に確認してNVDAを更新」を有効にしている場合は、このリリースを新しいバージョンとして通知します。

以下は日本語版 2015.1jp での変更点の概要です。

(1)特定の音声デバイスで JTalk の読み上げが途中で停止してしまう不具合への対応

(2)連続読み上げで JTalk が最後まで読み上げを行わない場合がある不具合への対応

(3)ケージーエス 点字ディスプレイドライバの改善

ブレイルメモスマートを含むケージーエス社製点字ディスプレイのドライバーにおいて、機種や接続方法によって自動接続が利用できなかった不具合を改善し、自動選択の処理時間を短縮しました。
自動接続に成功した場合に接続ポートを設定情報に保存しないようになりました。
BMユーティリティがインストールされていない場合も動作するようになりました。
BMユーティリティは Ver. 6.2.2 で動作検証を行っています。

(4)「レビュー内の現在の文字を通知」の仕様変更

「日本語設定」でかな文字とアルファベットのフォネティック読みを有効にした場合に、「現在の文字を通知」2回押しの場合にのみフォネティック読みを行うように変更されました。

(5)bullet に対応する日本語の変更

サポート対象の文字を追加し、「バレット」から「ビュレット」に読み方を変更しました。

(6)日本語表記の変更

「保存された設定の復元(R)」→「前回保存された設定に戻す(R)」
「大見出し」→「バナー」
などの表記変更、語尾の「する」の省略に関する表記の統一などを行いました。

詳細は「NVDA日本語版の説明」をご確認ください。

NVDA日本語版の説明 バージョンごとの変更点
NVDA最新情報(本家版のバージョンごとの変更点)
NVDA 日本語版の情報
NVDA 日本語チーム活動報告

バグ報告やお問い合わせは
チケットシステムへの新規チケット登録
メーリングリスト
にお願いします。

なお、NVDA 日本語チームは NVDA のリリース周期に合わせて3ヶ月ごとにアンカンファレンス形式のイベントを開催することになり、第1回目は2015年2月7日に開催されました。

第2回目の「NVDA ミートアップ 東京 2015.2」は2015年6月20日(土曜)に東京都新宿区の日本盲人会連合 日本盲人福祉センターで開催します。
詳細と参加のお申し込み方法は下記でご確認ください。

NVDAミートアップ東京 2015.2 (connpass)

NVDAミートアップ東京2015.1 & OSH2015

主催イベントと参加イベントの2件のご報告です。

2015年2月7日(土曜)に、東京都内にて NVDA 日本語チームによる初めてのミートアップを開催しました。

私は最初に「2015年のNVDAとWindows環境」という講演をしました。

Windows に限らずコンピューターやインターネットに関する技術の変化が速くなっています。
国際的な NVDA のコミュニティが目指す世界を日本の皆様に共有していただけるように、また日本のスクリーンリーダーの状況を世界に発信し、海外の NVDA ユーザーに対する貢献に繋がる活動を心がけたいと思います。

私たちが確保した時間の大半は「アンカンファレンス」と呼ばれる形式で進められ、その場で決まったテーマで3個ないし4個のグループに分かれて議論したり作業したりしました。

議論の一部は以下にて報告されています。

NVDA ミートアップ東京 2015.1 基調講演、翻訳、本家チケット、アプリ開発

Windows タブレットでNVDAを使う (2015.1 #2)

Webアクセシビリティの現状 (2015.1 #3)

タブレットタッチ操作

地域コミュニティの活性化とお互いの協力

2015年2月14日(土曜)に広島市内にて開催された オープンセミナー2015@広島 に参加してきました。

こちらは私は参加者として勉強してきたのですが、参加者も集まり、なによりも貴重な内容が多々あって非常に有益でした。

懇親会と同時開催だった勉強会「LT駆動開発11」にて「地域 PyCon mini を広島で」という提案のライトニングトークをしました。

NVDA 日本語チームの活動と並行して広島での地域コミュニティの方向性を模索してきましたが、まずはプログラミング言語 Python という大きな(とは言っても大きすぎない)枠組みで、広島とそのご近所の地域コミュニティ活性化を、というのが私の今年の目標になりそうです。

ぜひご理解、ご協力いただければ幸いです。