NVDA日本語版 2月の予定

NVDAユーザ会広島は広島市にて下記のとおりミーティングを行います。NVDA に関心をお持ちの方の見学・参加を歓迎します。

下記の内容を予定しています。

  • 運営に関する話し合い
  • NVDAとアクセシビリティに関する情報交換、勉強会
  • 音声合成、音声認識、自動点訳などに関連する勉強会・読書会・ハッカソン。オープンソースPBXシステム Asterisk 、Python による「入門自然言語処理」 (NLTK) などを検討しています。

NVDA日本語版(nvdajp)プロジェクトは、開発者Skype会議を定期的に開催しています。次回は2月8日(水曜日)21時から23時、その次は2月19日(日曜日)21時から23時です。基本的に「次の次の水曜日」「次の次の日曜日」を交互に開催日にして、約10日おきに実施しています。参加を希望される方は、nvdajp 開発者メーリングリストにもご参加ください。詳しくはメール nishimotz atmark gmail.com にお問い合わせください。

本家から NVDA 2012.1beta1 がリリースされました。

NVDA日本語版は次のスナップショットで「ワードやワードパッドにおける日本語入力の読み上げ」の不具合(チケット26438)に関する改善を取り入れる予定です。Windows XP から 7 まできちんとサポートするために、若干手間取っています。
開発者Skype会議と同期して10日周期で日本語版スナップショットを出すことを目標にしているのですが、今回は時間をかけて丁寧に作業をさせていただきたいと思います。

Windows XP サポート終了まで800日というニュースが話題になっています。NVDA の日本語化をきちんと行うことで、新しいOSへの移行をためらっておられるスクリーンリーダー利用者の方々のお役に立てればと考えています。

なお、NVDA 日本語版のサイトでは Java Access Bridge のインストーラー および LibreOffice 3.4.5 のインストーラー の提供も開始しました。NVDA を使って容易にインストールできるように配慮しております。ご利用いただければ幸いです。

NVDAユーザ会広島 1/14, 2/4

オープンソースのスクリーンリーダー NVDA とその日本語版 nvdajp に関する地域コミュニティ NVDAユーザ会広島(代表:西本卓也)は2012年1月および2月に下記の予定でミーティングを行います。
場所はいずれも 広島市心身障害者福祉センター(広島市東区光町二丁目)です。
NVDA に関心をお持ちの方の見学・参加を歓迎します。気軽に皆様と情報交換をできる場にしたいと思います。

  • 2012年1月14日(土)13時から15時まで 広島市心身障害者福祉センター 和室
  • 2012年2月4日(土)15時から17時まで 広島市心身障害者福祉センター 第一会議室

今後、原則として土曜日に、1ヶ月に1回以上のミーティングを行いたいと思います。
2月後半とそれ以降の予定は改めてお知らせします。他の場所での開催についても引き続き検討します。

2012年

元日の空に、龍の顔のような雲が見えました。

2011年3月に私はこんなことを書いていました:

「それは危機のように見えるかもしれないが、実は幻想の終わりにすぎない」「危機をいっそう悪化させるのは現状維持のために注ぎ込むエネルギー」ワインバーグ「コンサルタントの秘密」第9章より

10年以上前に京都に住んでいたころ、起業家やNPOや芸術家の人と多く知り合った。みんな口を揃えて「震災が人生を変えた」と語ってくれた。それがどういうことなのか、これから首都圏の人々が理解しはじめるだろう。

今日、日付が1月1日に変わったときに私はこんなことを書きました:

いくら「良い年に」と願っても、待っているだけでは物事は良くならない。自分が動くしかない。険しい道でも歩いて行くしかない。2012年はそんな覚悟の年です。

自分の活動のキーワード「オープンソース・アクセシビリティ・音声インターフェース」は10年前と変わっていません。いや、原点に戻ってきたというべきか。。

2011年はオープンソースのスクリーンリーダー NVDA 日本語版 (nvdajp) のリリースを担当しました。先日、開発者 Skype 会議を行って NVDA 2012.1 の日本語化も担当せよという話になったので、私が担当させていただきます。

昨日、2011年の最後にこんなことを書きました:

音声研究者が膨大な時間とお金をかけて作り出した技術が、もはやタダ同然でみんなの手に。。

音声対話・音声インターフェースの技術がやっと身近なものになりました。
この分野で博士号の学位を授与された研究者・技術者の一人として、「勝負が終わった」のではなく「ゲームのルールが変わった」と捉えながら、新しい現実に向き合い続けていきたい。
そんな風に思っています。