第43回福祉情報工学研究会@新潟

第43回福祉情報工学研究会は新潟市・朱鷺メッセにて開催されました。今回の開催に先立って、参加者の方に開催地・テーマ・企画などに関するアンケートへの協力のお願いを、発表者の方には、記録用の録音・録画を行うので不都合があれば発表ごとにお伺いする、というお願いをしました。

今回は新潟大学の林豊彦先生ほかにご参加いただいたパネル討論「地域連携による汎用コミュニケーションエイドの研究開発と知的障がい児・発達障がい児の教育支援」が印象に残りました。

工学研究者、養護学校教員、言語聴覚士、作業療法士のチームアプローチについて、それぞれの立場から詳細を報告し、質疑応答。工学者が専門家に利用法を教えてもらう。「子供に何が必要か」が優先。自発的に集まった各分野の専門家が障がい児の教育に妥協せずに取り組んで成果を挙げていく、そのプロセスをわくわくしながら追体験できました。せっかくビデオ撮影をしたので何らかの形で公開してはどうか、という話が出ています。

夜は「葱ぼうず」で懇親会。飲み過ぎました。。佐渡名産「ふぐの子」も朱鷺メッセの売店で買いました。

今回実施したアンケートの回答を読みながら「自分たちのやってきたことに誇りを持とう」と改めて感じました。告知をご覧になって初めてこの研究会に参加された、という方もいらっしゃいました。遠方の方も、研究職ではない方も。。。

先日東京で開催した研究専門委員会で「我々はよい研究発表をしているのだから、もっと多くの人に聞いてもらいたい」という意見を伺いました。新潟では改めて「個々の状況に一喜一憂しないで、長期的な観点でじっくりやっていこう」と思った次第です。

1998年とニコニコ動画

「あの仕事はむかし誰々がやった仕事の真似だ」みたいな話はよく出てきます。あまり好きではないのですが、あえて私もそういうスタンスであの「ニコニコ動画」について考察してみることにしました。

1998年のはじめごろ、電話の自動応答サービスで音声を録音して、ウェブサーバからそれを聴取できる、というサービスを知り、そのころ私が主宰していたメーリングリストのメンバーたちと「どんな遊びに使えるのか」と試していました。その途中でこんなことに気づきました。

ある人によって録音された音声を別の人が再生しながら、それに「うん」「そうだね」などとコメントをする。そのやりとりを録音して、さらに別の人に聞いてもらう。そうすると、なんとなく「時間と空間を超えて会話が成り立った」ような感じがしたのです。

その「感じ」を追い求めて、私は「非同期音声会議」の研究・開発を始めました。

この仕事については続きがあり、特許(特願2000-37349 特開2001-230773 会議システム)も出願したのですが、審査請求に至りませんでした。システムも継続運用するには至りませんでした。

その後、やっぱり「ウェブのフォームを埋めたりメールで連絡するよりも音声の方が手っ取り早いなあ」と思うことはますます多くなる今日この頃。

そして、私が1998年に発表した「時間と空間を超える疑似リアルタイム性」は「ニコニコ動画」の字幕機能として世に受けいられていることを思い、今こそ「非同期通信+音声入力」で面白いことができる&便利なものが作れるのではないかなあ、と思っています。

国際会議への参加

1日から12日まで出張し、フランスのパリとオーストリアのリンツで行われた国際会議に参加してきました。メール対応が滞ってしまったことなど、皆様にご迷惑をかけたことをお詫びします。発表内容はここ何年か東京女子大学と共同で行ってきた視覚障害者支援技術に関する研究でした(西本の発表リスト)

Acoustics ’08 Paris では私はポスター発表で早口音声の知覚に関する報告をしたところ、du Poux 先生のグループの研究(文献など)を教えていただいたり、Univ. Washington の Richard Wright 先生に興味を持って聞いていただくなど、貴重な情報を得ました。

ICCHP 2008 Linz は障害者支援技術に関する隔年の国際会議で、私が幹事をやっている福祉情報工学研究会に近い雰囲気でした。私は視覚障害者と対面朗読者の対話についての発表をして、座長を含む何人かの視覚障害者にも聞いていただきました(論文へのリンク)。発表者はヘッドセットをつけて音声をストリーミング配信。他には国際手話言語の通訳つきセッションもありました(ストリーミングのページへのリンク)

予稿集は約1300ページで、支援技術の実践的な事例、プロジェクト紹介、各国の行政の取り組みなど幅広い内容です。擬人化エージェントによる高齢者や知的障害者の支援、視覚障害者のための音楽教育、といった発表もありました。

様々な場面でフランス語やドイツ語がわからなくて不便な思いをしました。一方で、観光地や料理店などでは日本語の看板をちらほら見かけました。書店では日本のコミックがたくさん売られていました。もっと世界中のことを考えて仕事をしなくてはいけないなあと改めて感じました。

以上、今後の活動や研究に行かしていきたいと思います。

  • [追記 2008-07-15] ICCHPの論文へのリンク(Springer)を追加しました。