NVDA日本語版 2013.1jp の公開とイベント開催のご案内

無料(オープンソース)の Windows 用スクリーンリーダー NVDA (NonVisual Desktop Access) の日本語対応をすすめる NVDA 日本語チームは、2013年5月21日に最新の日本語版 NVDA 2013.1jp を公開しました。

ダウンロード
http://i.nvda.jp

NVDA 日本語版 2013.1jp のライセンスは GPL v2 です。
Windows 8, 7, Vista, XP の32ビット版および64ビット版に対応しています。
Windows 8 ではタッチ操作が利用できます。

以下は対応しているアプリケーションの一部です:

  • Webブラウザー (Mozilla Firefox を推奨、 Microsoft Internet Explorer, Google Chrome にも対応)
  • Adobe Flash Player によるアクセシブルなコンテンツの操作
  • 電子メールクライアント (Mozilla Thunderbird を推奨、Windows Live Mail, Outlook にも対応)
  • Microsoft Office アプリケーション Word, Excel, PowerPoint の主要な機能(対応バージョン 2003, 2007, 2010)
  • LibreOffice (推奨バージョン3.6.6)
  • Skype for Windows (バージョン6を推奨)
  • Apple iTunes for Windows
  • Twitter クライアント Tween
  • 日本語入力システム(Microsoft IME, Microsoft Office IME および ATOK を推奨、Google 日本語入力にも対応)
  • Adobe Reader によるアクセシブルな PDF 文書の読み上げ
  • Adobe Digital Edition によるアクセシブルな EPUB 書籍の読み上げ
  • AMIS によるオーディオ DAISY およびマルチメディア DAISY 書籍の読み上げ

以下は利用できる点字ディスプレイの一部です:

  • ケージーエス ブレイルメモシリーズ(ブレイルテンダー、ブレイルメモポケットを含む)
  • ブレイルセンス・オンハンド

オーストラリアの非営利法人 NV Access がリリースする NVDA は、Michael Curran, James Teh の両氏が中心となって開発を行い、世界のコミュニティが支援しています。
NVDA は多くのアプリケーションに対応し、インストール不要で利用できるポータブル版、アドオンによる機能拡張など、さまざまな特長を備えています。

2013.1 の更新内容は、直観的で一貫性のあるラップトップ配列の採用、Microsoft PowerPointへの対応、ウェブブラウザでの詳細説明(longdesc)への対応、点字ディスプレイからの入力(日本語は非対応)などです。

NVDA は世界40以上の言語に対応していますが、音声エンジンと点訳エンジンは日本語に対応していません。
そこで NVDA 日本語チームは、日本語音声エンジンと点訳エンジンを搭載した NVDA 日本語版を独自にリリースしています。
2013.1jp では仮名漢字変換の互換性や安定性の改善、日本語点訳規則や情報処理点字への対応、点字ディスプレイのカーソル位置処理の実装、および多くのバグ修正を行いました。
詳細はNVDA日本語版の説明をご覧ください。

リリース直前に以下の不具合が確認されています:
上書きインストールすると点字設定の出力テーブルが日本語以外にセットされる(チケット31397)

その他の不具合はチケットをご確認ください。

なお、NVDA 日本語チームは、NVDA の機能や活用方法、日本語化の取り組みをご紹介するために、下記のイベントを開催します。
NVDA にご興味・関心のある個人・団体・企業の皆様、ふるってご参加いただきますよう、ご案内申し上げます。

イベント名(仮称):「NVDAが開く新たな世界」
主催:NVDA日本語チーム
共催:View-Net神奈川
日時:2013年8月17日(土)
会場:横浜市民活動支援センター(神奈川県横浜市中区桜木町1-1-56)

詳細は今後 NVDA 日本語チームのWebサイトでお知らせします。
http://www.nvda.jp
NVDA日本語チームへのご連絡はメールアドレス nvdajp@nvda.jp にお願いします。

セキュリティもみじに参加しました

情報セキュリティの勉強会 セキュリティもみじ 第24回セミナーに参加しました。

Togetter まとめ

セキュリティに関する事件や不祥事は絶えないのですが、「そんなことに引っかかるほうが悪い」「何も対策をしていないから悪い」という「情報弱者叩き」になりがちです。

辻 伸弘さんの講演の趣旨を、私は「人が誰でも病気になるように、システムは攻撃に合わないことを保証できない。しかしリスクや被害を減らすための多層的な対策は可能だし、何を守るべきなのか日頃から意識して準備することはできる」と理解しました。そして「多層防御」についての技術的な具体例もご紹介いただき、参考になりました。

NVDA 日本語版のために電子署名を買おうとして頑張った話を、ライトニングトークでさせていただきました。
まあ簡単に言うと「安く買おうとしてかえって敷居が高くなってしまい挫折中」です。。

トークの後そして懇親会で、いろいろ声をかけていただいて、デジタル証明書サーバーの立て方を教えていただいたり、スクリーンリーダーについて質問をしてくださったりしました。
この先どうするか、まだ決めていないのですが、参考になりました。

ノベルティグッズのご提供、ケーキタイムのおいしいお菓子など、準備に関わられた関係者の皆様に感謝します。

セキュリティとアクセシビリティといえば「画像認証」(CAPTCHA) という話題もありますが、そもそもスクリーンリーダーを開発していると、アプリケーションやOSから情報を引っこ抜いて読み上げるという挙動そのものが「コンピューターウイルスと紙一重」であることを痛感します。

どうやったらオペレーティングシステムやアプリケーションをお行儀よく実装できて、スクリーンリーダーがトリッキーなことをせずに済むようになるのか、という技術的な情報を、もっと発信していきたいと思い始めています。

5月18日に NV Access は NVDA の新しいバージョン 2013.1 をリリースしました。
NVDA 日本語チームは NVDA 日本語版 2013.1jp のリリース準備を進めているところです。