9月16日 NVDA Workshop in Japan のお知らせ

9月15日(土曜)から17日(月曜・祝日)にかけて行われる Python 開発者のイベント PyCon JP 2012 の併催イベントとして、NVDA 日本語チームNVDA Workshop in Japan を開催します。
会場は東京都品川区の産業技術大学院大学です。
9月16日(日曜)には、オーストラリアから NVDA の開発者を、また台湾から NVDA の東アジア言語対応の担当者をお招きして講演を行います。このプログラムに参加されるかたはPyCon JP への参加登録が必要です。登録受け付けはすでに始まっていますのでお早めにご検討ください。

ワークショップの概要は以下のとおりです。

NVDA (Non Visual Desktop Access) はオープンソースのスクリーンリーダー(視覚に障害がある人が音声や点字でコンピューターを操作するための支援ツール)で、Python 言語で開発されています。
日本におけるNVDAのコミュニティは2010年頃から、日本の Python 開発者コミュニティの皆様の協力を得て、NVDAを日本語で使うために必要な機能(音声合成、かな漢字変換、点字出力)の開発を行ってきました。

NVDA の開発母体である非営利組織 NV Access Inc. は、東アジア言語拡張のプロジェクトを2012年5月にスタートしました。これは台湾と香港の団体の資金提供でスタートし、インプットメソッド(IME)対応の正式な開発が始まりました。このプロジェクトには NVDA 日本語チームのメンバーも参加しています。
中国語、韓国語、日本語などのマルチバイト文字を処理する支援技術は、実装が複雑であるうえに、それぞれの言語に根付いた文化の影響を強く受けています。例えば、日本のスクリーンリーダー利用者が長年にわたってなじんだ日本語のかな漢字変換の読み上げ方法は、中国語の漢字を選択する台湾のスクリーンリーダー利用者のインターフェースとは同一ではありません。さらに、日本の点字システムは世界から見ると非常に独特で、世界のほとんどの言語で利用されている点訳ライブラリが日本語では利用できません。
東アジア言語の支援技術に関わる技術者やユーザーが、このような状況を相互に理解しあう機会は、なるべく多いほうがよいと考えます。

もう一つの重要な課題は、寄付や募金に依存している NVDA プロジェクトを今後どのように支えていくかということです。
NVDA 日本語チームは日本における非営利の開発者グループとして、正式に発足したばかりの団体ですが、この NVDA 東アジア言語拡張プロジェクトに開発メンバーとして関わるだけでなく、資金援助もしたいと考えています。
そのために、日本でも、視覚に障害のあるかたの当事者団体や支援団体の皆様に、NVDA の開発がどのように行われているのか、NVDA がいま世界でどのように普及しつつあるのか、もっと知っていただきたいと考えています。

NVDA 日本語チームはこのような問題意識から、NVDAの主要な開発者のおひとりであるオーストラリア NV Access Limited の Michael Curran 氏を日本にお招きすることにしました。
さらに、台湾で NVDA の普及活動や開発のリーダーシップを取っておられる Taiwan Digital Talking Books Association の Jerry Wang (王建立) 博士をお招きします。

さらに今回 DAISY コンソーシアム 前代表の 河村 宏 氏にもご参加いただき、インクルーシブな社会発展のためにオープンソース技術、オープンスタンダード技術がどのように貢献できるかを、DAISY プロジェクトの経験からお話いただくことにしました。アクセシブルな電子書籍の標準技術である DAISY の理念は、「視覚に障害がある人が追加のコストを負担せずにコンピューターが使えるようにしたい」という NVDA の理念と重なるものと考えています。

9月16日の講演は15時15分から18時30分の予定です。PyCon JP 2012 プログラムをご参照ください。

9月17日の予定は調整中です。現時点では PyCon JP 2012 のスプリント(開発者が参加する自由な形式の活動の場)に NVDA コミュニティとして参加する計画です。スプリントだけに参加されるかたは、PyCon JP の参加登録は必要ありません。

この企画は NVDA 日本語チームのボランティアによって進められています。ゲストの渡航費用や運営経費の一部は、寄付や募金によって賄う予定です。
翻訳、記録、移動支援など、いろいろなスタッフが必要になると予想しています。
イベントへの参加や支援について、お気軽にお問い合わせください。
問い合わせ先:メールアドレス nvdajp@nvda.jp
ワークショップの公式サイト http://workshop.nvda.jp