NVDAjp 2010.2に向けて

NVDAjp 2010.2に向けて開発メンバーは作業を進めています。
ここでは私の作業状況を簡単にお知らせします。
2010.2 ベースの JTalk の話速を速くする実装の目処は立っており、 bazaar のレポジトリ
lp:~nishimotz/nvdajp/with_jtalk
rev.3531 として launchpad.net に置いてあります。

ただし、このレポジトリには zjtalk.py と jtalk.py の2つのエンジンがあり、(内部の実装はどちらも _jtalk.py です)zjtalk のほうは音声設定で話速のスライダーが出てきます。

jtalk.py のほうは話速設定がうまくできません。話速設定のために supportedSettings をいじると espeak が起動時エラーで落ちます。
なぜ espeak に影響が及ぶのかいまだに不明なのですが、zjtalk.py にリネームしたら解決したので、クラスを読み込んで初期化する順序に依存する問題と思われます。この現象は silence.py で試しても同じでした。

それから NVDAjp そのものではないのですが、10月の開発ミーティングの後の交流会の議論を踏まえて
「読み上げの改良のための情報を集めるサイト」
を試作しました。
Python でなく Ruby on Rails で作ってますが(笑)
こちらについても時間ができたら改良に取り組みたいので、御意見を伺えれば幸いです。

追記(11月15日)
10月30日に 2010.2j がリリースされています。
話速設定については将来のバージョンで追加される予定です。