Categories
barrierfree ononken speech twitter

東大先端研イベント

Spread the love

東大先端研「当事者の視点によるバリアフリー研究」6月4日午前の部に参加してつぶやいてきました。
司会は伊福部達先生。話題提供者は中野聡子さん、藪謙一郎さん、鈴木淳也さん。
中野さんには後で質問させていただき、下記の論文を教えていただきました。

中野聡子他, “聴覚障害者向け音声同時字幕システムの読みやすさに関する研究(1)-改行効果に焦点をあてて”, ヒューマンインタフェース学会論文誌, 第10巻第4号, pp:51-60, 2008.

iPhone字幕システムによる情報保障の実演?もありました。ロビーで紹介されていたのは、iPhoneと通信できるBluetoothワイアレスマイクで講師の声を拾い、音声を遠隔要約筆記のサービスに送り、字幕を遠隔地のWebサーバから配信。iPhoneのSafariで字幕を閲覧、というシステムでした。
実はポイントは「ソフトバンクだから音声もパケット通信も定額」というところで、なるほど、と思いました。
Twitterで私をフォローしておられる何人かの方が「要約は必要か?誰にとって必要か?」という趣旨の発言をなさっているのが興味深かったです。
音声認識技術とモバイル機器の普及は「ユーザにあわせてカスタマイズ可能な字幕提示」という新しいシステムに繋がると考えています。
そういうことも考えつつ、来週の人工知能学会大会(長崎)で下記の発表を予定しています:

6月9日セッション1D3「コミュニケーション支援」1D3-1 学会・研究会の情報保障におけるソーシャルネットワークの役割(西本卓也)

藪さんのシステムは「タッチ操作で文章を入力する新しいインタフェース」になりそうな予感がします。いずれ音音研でお話ししたいとのことでした。音音研の運営が滞っててすみません。。

Categories
book ononken twitter

第63回音音研

Spread the love

第63回「音声・音楽研究会」のTwitter記録です。Stickamを使って、参加者6人+遠隔参加者1人で楽しく開催しました。
このライトニングトーク企画は「気軽に話しやすい」と好評でした。
共感覚の話題で出てきた岩崎純一「音に色が見える世界」はこちらです:

音に色が見える世界 (PHP新書)
岩崎 純一
PHP研究所
売り上げランキング: 57037
Categories
ononken

音声音楽研究会12/17

Spread the love

私が世話役をしている音音研(音声・音楽研究会)ですが12月17日を次回の開催日とします。

今年は私の不手際で開催回数も少なくなってしまいました。

そこで次回は、できるだけ多くの方にお話をしていただけるように、お一人5分の持ち時間で、なるべく全員の方に「ライトニングトーク」をしていただく、という趣向を考えました。

参加資格などはありません。また、次回も stickam 中継(やっぱりUstreamの方がよいのかな)を試したいと思います。

Categories
ononken

昨日の音音研

Spread the love
第62回音音研を開催しました。
2009年11月5日(木) 18:30-21:00頃 参加者8人

  • 話題提供1:西本卓也
  • 話題提供2:帝京平成大学・川島尊之先生 (19:40ごろ)
    • テーマ:音源分離知覚について(続編)
    • エネルギー的マスキングとインフォメーショナルマスキングの問題、音源分離と群化手がかりの知覚、順応に着目した実験のご紹介など。
  • 過去の記録・参加方法など

ネット中継による遠隔地からの参加の実験をしました。西本の実験の途中あたりから stickam.jp に接続しました(75個の音声を聞いていただいている間は時間があるのです)。

Twitterの@nishimotzで告知をしたところ、お一人の方に stickam でご参加いただけました。
使用したのは Thinkpad X300 の内蔵マイクおよび内蔵カメラでした。説明の文章も効果音もタイトルも何も準備できませんでした。
オランダの田中先生(音音研の初代主催者)も少しだけ stickam でご参加くださいました。音声も映像も比較的良好とのことでした。
現在は、田中先生のともした火を絶やさないように、私の無理のない範囲で続けさせていただいていますが、こうした形でご参加いただけたことを嬉しく思いました。
会場に来られた方の中には「ここに来ないで参加して、どんな風になるのか試してみたい」という興味をお持ちになった方もおられましたが、一方で「やっぱり会場で話を聞くのがよいのでは」という御意見もありました。
いずれにせよ、技術の進歩や普及によって、研究者コミュニティという場に新しい可能性が広がっていることを、ひしひしと感じています。
旧来のツール=メーリングリストだけでなく、ブログや YouTube などによる情報発信、twitter や stickam といったリアルタイムの情報共有ツールを利用することで、これから何ができるのか、どんな方々と交流ができるのか、ますます楽しみになってきました。