カテゴリー
wit

2月研究会

金曜日から愛媛で研究会です。研究会開催案内ページを下記で公開しています。

カテゴリー
wit

インターネットと音声合成

音声技術とバリアフリーに関する特集の一記事として電子情報通信学会誌に千葉大学の西田先生と共同で執筆した

  • 西本卓也, 西田昌史: “インターネットと音声合成,” 電子情報通信学会誌, Vol.91, No.12, pp.1030-1035, Dec 2008.

が発行されました。執筆したのは6月末だったのですが、ページ数がオーバーして大幅にカットせざるを得なかった部分をここでご披露します。。

インターネットにおける音声合成技術

インターネットにおける音声合成技術はバリアフリーに限らずさまざまな用途で注目されている.

例えば,近年のCGM(Consumer Generated Media)ブームと共に,インターネットの動画投稿サイトで歌声音声合成を使った作品が広く知られるようになった.

また,入力された歌詞から自動作曲して合成音声で歌うシステムも公開されている.

また,文字で情報を読むよりも,朗読された音声で情報を得る方がわかりやすく誤解しにくい,という動機から,最近,ネットリサーチ(インターネットを利用した市場調査)において音声合成を用いたサービスが登場している.質問項目を音声合成で提示することにより,回答者による設問の読み間違いや,設問をよく読まずに回答されることを防ぎ,精度の高い調査が実施できるという.

このようにインターネットにおいて存在感を増しつつあるテキスト合成音声の技術であるが,視覚障害者は,インターネットが普及する前からの,この技術のアーリーアダプター(先見性のある利用者)だった.

ウェブサイトが提供する音声合成機能

特定のウェブサイトに限定すれば,ウェブサイトが音声合成機能を提供することも有効である.

例えば

などのインターネット閲覧支援ツールは,ウェブサイトが提供する音声合成エンジンをユーザのPCにインストールさせ,ユーザのPCで音声合成を行わせるものである.ユーザに強いる負担は軽減されるが,これらのサービスでは対象となるOSやブラウザが制限されてしまう.

島根県のウェブサイトで使われているCMS (Content Management System)には,テキスト情報として提供されるコンテンツを音声化し,ストリーミング音声として配信する機能がある.

(株)ネットワーク応用通信研究所が開発したこの「島根県CMS」は,Ruby on Rails で実装され,フリーの音声合成エンジン GalateaTalk が使用されている.最近ソースコードが公開されたことでも話題を呼んでいる.

また,JavaScriptを用いて任意のウェブページに音声合成機能を埋め込む「Web音声配信システム(VDS)」が(株)ナレッジクリエーションによって公開されている.VDSのサーバで音声合成が行われ,ユーザ側でもウェブサイト側でも音声合成エンジンを必要としない.いわゆる Web 2.0 的な技術として今後の展開が期待される.

会誌に掲載された内容

ここで紹介しなかった内容のうち、視覚障害者のPC利用の実情、音声によるインターネット利用、視覚障害者用タイピング練習ソフト、早口音声合成の利用、学習効果と心的負荷、などのトピックは会誌記事に無事掲載されています。また、Webページ閲覧、仮名漢字変換に関する西田先生の記事もあります。最後に NVDA 日本語版プロジェクトの活動にも触れました。

カテゴリー
wit

オープンソースと動機付け

特別企画「オープンソースソフトウェアとWebアクセシビリティ」は、終了時間が大幅に遅くなって皆様にご迷惑をお掛けしましたが、私はとても楽しく進行を務めました。そして、改めていろいろ考えさせられました。

いくつか感じたことを挙げると:

  • Free の「自由」と「無料」はどちらも重要
  • オープンであるだけでは不十分。適切に設計・部品化されていること、汎用性があることが必要。
  • 日本のコミュニティが「日本語化」だけにとどまらず国際的に貢献することが重要。

参加者からの印象的な発言を挙げると:

  • 企業でOSS・サポート体制のないソフトウェアを使うことへの抵抗は依然としてある。
  • オープンソースコミュニティが高齢化している。大学生への教育が重要。
  • ユーザが目的にあったソフトを簡単に選べるための情報提供が重要。
  • オープンソースプロジェクトに参加できるためには自由な身分や時間が必要。貢献への動機付けが必要。作ることを面白い・かっこよいと思えるか?
  • API資料などを英語で調べることの壁がある。
  • オープンソース参加によって個人情報を不用意に公開してしまう危険はないのか?
  • 学生の立場から言えば、セットアップが難しいソフトは敬遠したくなる。ちゃんと教えてもらえるなら、関心を持てる。
  • 「emacs にあこがれるか否か」が「オープンソース文化への親しみ」の境界線では?
  • Linux カーネルや Eclipse のような「重要なプロジェクト」は、慎重にリリースされ履歴がきちんと管理されるべき。そうでない自由なプロジェクトもたくさん存在してよい。
  • 広く使ってもらうためには大きなコミュニティが必要。橋渡しになる解説者が必要。
  • 代替手段を手に入れにくいソフトウェアには成功のチャンスがある。NVDA はその一例になりうる。

音声合成については GalateaTalk の Windows 版を(NVDAの開発プラットフォームである)Python から制御するデモをお見せしました。Galatea for Linux による音声対話システムのデモをする時間はなくなったので、これはまたの機会に。。

Eclipse Accessibility Tools Framework の紹介は個人的に非常に興味深かったです。

サイトは英語の情報ばかりですが、日本アイ・ビー・エムの研究成果がベースで、日本語の情報を精力的に整備中であり、日本からの利用・参加を呼びかけていきたい、とのことです。

また、NVDA日本語版は、この企画に合わせて新しいバージョンがリリースされました。

国際的に協調しつつ行われているWebアクセシビリティ標準化ですが、日本ではスクリーンリーダなどの支援技術の進歩が遅れています。この問題に積極的に関心をお持ちいただければ幸いです。

そして、ソフトウェア開発でアテンションを集めることを「かっこよい」と思える世の中であって欲しい、と個人的には思っています。

カテゴリー
galatea wit

オープンソースソフトウェアとWebアクセシビリティ

上記に関連して、次回WIT研究会/HI学会研究会の企画として、ITRC UAI(Universal Access to the Internet)研究会と共催の特別企画を行います。

  • テーマ:オープンソースソフトウェアとWebアクセシビリティ
  • 共催:ITRC UAI(Universal Access to the Internet・高齢者と障害者のインターネット利用)研究会
  • 司会:西本卓也(東京大学・WIT企画幹事)
  • 特別企画の日時:2008年12月4日(木) 15:15~17:15
  • 会場:産総研臨海副都心センター別館バイオ・IT融合研究棟11階会議室

登壇者(敬称略):

  • 渡辺隆行(東京女子大学・UAI研究会 主査)
  • 中村精親・辻勝利(ミツエーリンクス)
  • 西本卓也(東京大学)
  • 福田健太郎 (日本IBM)

概要:World Wide Webはユニバーサルなメディアとして設計されており、例えば視覚障害者は合成音声によってWebを利用することができるが、現実には高齢者や障害者にとって使いにくいWebサイトがたくさんある。そこでWebコンテンツのアクセシビリティに関する標準化活動が行われており、海外では W3C WCAG 2.0 の策定が完了間近になっており、これを受けて日本でも JIS X 8341-3 の改訂作業が進められている。 Webアクセシビリティの新たな標準が受け入れられるために必要なのは、 Webコンテンツの新しい標準技術を生かすことができる支援技術である。

本特別企画はまずWebアクセシビリティ標準化活動の現状を概説し、続いてWebアクセシビリティを実現する高性能なツールになりうる以下のオープンソースソフトウェアを実演を交えて紹介する。

  • スクリーンリーダー NVDA 日本語化プロジェクト
  • 音声対話ツールキット Galatea プロジェクト
  • アクセシビリティソフトウェア基盤 Eclipse Accessibility Tools Framework (ACTF)

最後にパネルディスカッションを行い、Webアクセシビリティ関連のオープンソースプロジェクトの展望や今後の課題について議論したい。支援技術ユーザ、研究者、ソフトウェア開発者など幅広い聴衆の参加を期待する。

カテゴリー
wit

第44回WIT研究会

次回研究会の詳細情報を公開しました。

会場である国立障害者リハビリテーションセンターの見学会など、盛りだくさんの企画を予定しております。

なお、7月に新潟で開催した研究会の特別企画の記録も公開中です。

カテゴリー
wit

SICEワークショップ

先日、計測自動制御学会の「SICEライフサイエンス(生命,健康,医療,福祉)の現状と連携推進を探る」に参加しました。

午前中は、ブレインストーミングのような手法でSICE各部会の問題や今後の活動の方向性をまとめる、という場だったので、正直場違いだったかと思ったのですが、「私はSICE会員じゃないですが・・」「じゃあライフサイエンス部門に期待することを書いてください」みたいな感じで参加させていただきました。

使われたのは「ディズニーが会社を変える」(PHP研究所、2002年)に基づいて説明された「ストーリーボーディング」という手法。参加者全員がカードに自由な記述をして、それをホワイトボードや壁に貼り付けながら議論をしていく、というものでした。

本当は「どのようなライフサイエンスの研究がされているか」ということがわかるかと思ったのですが、そういう場にはならず、「SICEライフサイエンス関係者の皆様の興味や関心事」のマップが作られました。しかしその過程で、なんとなく現状も透けて見える、という感じの経験になりました。

いくつか気づいたことを書くと:

  1. WIT(福祉情報工学研究会)と問題意識や現状が似ている。例えば「組織が細分化された結果希薄になった横の連携の再構築が課題」「気持ちよさや負荷など人間の内面の測定に関心がある」「現場のニーズ発掘、医学や臨床の当事者との連携の場を求めている」など。
  2. 企画の立て方や進め方に見習うべき点あり。例えば、このストーリーボーディングの締めくくり方を「次のイベントの企画」「学会誌の特集号のテーマ」など具体的に設定して、ひとつの企画を上手に次の活動につなげておられる。
  3. 人脈と人柄。今回は産総研の小野さんのご尽力とのことでしたが、魅力的な企画に必要なものを改めて痛感しました。

それから、私がWITの幹事であることを名乗ったので、逆に「WITはどうして年6回も研究会を開催して盛況にできているのですか?」という質問を小野さんから受けました。「当事者の参加(情報保障)に配慮していること」「来ていただくだけでなく、見学会を企画するなど、こちらから出向く努力」を挙げておきました。

午後は「関連の学協会との連携を探る」というセッションでした。車いすの方もたくさん参加。ロボット、計測、制御といった分野の研究者の方々と、障害の当事者やリハビリ関係者の方々が、「どのような場があればうまく連携できるか」といった議論。私には不勉強だった分野のお話が多く、大変興味深く伺いました。

カテゴリー
wit

第43回福祉情報工学研究会@新潟

第43回福祉情報工学研究会は新潟市・朱鷺メッセにて開催されました。今回の開催に先立って、参加者の方に開催地・テーマ・企画などに関するアンケートへの協力のお願いを、発表者の方には、記録用の録音・録画を行うので不都合があれば発表ごとにお伺いする、というお願いをしました。

今回は新潟大学の林豊彦先生ほかにご参加いただいたパネル討論「地域連携による汎用コミュニケーションエイドの研究開発と知的障がい児・発達障がい児の教育支援」が印象に残りました。

工学研究者、養護学校教員、言語聴覚士、作業療法士のチームアプローチについて、それぞれの立場から詳細を報告し、質疑応答。工学者が専門家に利用法を教えてもらう。「子供に何が必要か」が優先。自発的に集まった各分野の専門家が障がい児の教育に妥協せずに取り組んで成果を挙げていく、そのプロセスをわくわくしながら追体験できました。せっかくビデオ撮影をしたので何らかの形で公開してはどうか、という話が出ています。

夜は「葱ぼうず」で懇親会。飲み過ぎました。。佐渡名産「ふぐの子」も朱鷺メッセの売店で買いました。

今回実施したアンケートの回答を読みながら「自分たちのやってきたことに誇りを持とう」と改めて感じました。告知をご覧になって初めてこの研究会に参加された、という方もいらっしゃいました。遠方の方も、研究職ではない方も。。。

先日東京で開催した研究専門委員会で「我々はよい研究発表をしているのだから、もっと多くの人に聞いてもらいたい」という意見を伺いました。新潟では改めて「個々の状況に一喜一憂しないで、長期的な観点でじっくりやっていこう」と思った次第です。

カテゴリー
wit

神戸アイライト協会見学会

2008年5月31日(土)福祉情報工学研究会(電子情報通信学会SIG-WIT)では、NPO法人・神戸アイライト協会(兵庫県神戸市中央区)の視覚障害者通所施設およびIT支援施設の見学会を行いました。

参加者は私を含めて5名。理事長の森さまをはじめ、多くの方に快くご対応いただいたことを感謝します。私は1月の島根での見学会に続いて、ここでも様々なことを学ばせていただき、たいへん貴重な時間になりました。

以下、忘れないうちに私のメモを書き起こしてみました(文責は私にあります。誤りやお気づきの点がありましたらお知らせください):

  • この建物(中山記念会館)は1年前に改装された、視覚障害関連の6つの団体(NPO法人およびボランティア団体)の活動拠点「神戸ライトセンター」の建物。
  • 中山記念会館は「財団法人 中山視覚障害者福祉財団」の財団事務所でもある。
  • 明日は「第2回 神戸ライトセンターまつり」で多くの団体の関係者が集まるとのこと。

神戸アイライト協会について。

  • 神戸アイライト協会さんは歩行訓練などの通所施設(アイライト新神戸)と、視覚障害者のPC利用支援施設「アイライトITファーム」を運営。他にも訪問サポート、社会参加支援、講習会の指導、イベント、ガイドボランティア養成など、さまざまな活動。
  • 特徴は「地域に密着した活動」「行政や特別支援学校では対応できない曖昧な(漠然とした?複雑な?)要求や悩みに関する相談や対応」。昨年度は500件の相談に対応。
  • 近いうちに仕事を作って就労支援をしたい。

中山記念会館の各フロアの見学。

  • 「アイライトITファーム」では主に音声でのPC利用を指導。数人が個人指導を受けておられた。レベルはさまざま。講習会も実施している。
  • 視覚障害者のための便利グッズを紹介するコーナー。音声読み上げの時計や電卓、弱視者向けの文房具や調理器具、さまざまな白杖の見本も。
  • 音楽や手工芸などの教室。拡大ルーペでビーズ作品作りに取り組んでいる。晴眼者より器用な方もおられる、とのこと。
  • 神戸アイライト協会さん以外の、音訳ボランティア、点訳ボランティア、伴走者などの団体の活動場所も。さまざまな大きさの会議室、集会スペース、対面相談室など。

質疑応答、意見交換など。

  • 理事長の森さんは目の病気になったことがきっかけで盲学校勤務。歩行訓練士の資格取得中に、日本ライトハウス(大阪)や京都ライトハウスのような施設がなく、訪問事業が神戸にないことを知る。1999年、自身で設立されることを決意。2年目からPC支援にも取り組む。
  • 視覚障害者のニーズは多岐にわたる。多様なニーズに1つの施設で対応できれば当事者に便利である。そのような考えから、中山財団と協力して神戸ライトセンターを開設。
  • この施設ができて、相談や歩行訓練のニーズは増えたが体制が追いつかない。スタッフを増やす努力をしている。
  • 研究者・技術者との連携は? 試作されたソフトウェアのモニター依頼はある。協力はできる。可能ならばモニター協力費など金銭的支援があれば、ありがたい。
  • 視覚障害者の外出支援をする地域組織。全国ネットワークがある。電子メールで申し込みができる。

「アイライトITファーム」担当の方に同席していただき、視覚障害者のPC利用について伺う。

  • PCを購入した後で「最低限の設定」が自分でできなくて困る方が多い。3D視覚効果をオフにするなど。買ったあとで困ってやってくる方が多い。最低限のサポートをしてくれるお店で買うのがよい。
  • PCやソフトを購入する前に情報を得る場がない。
  • 企業で購入する場合は「助成を得ること」しか考えておらず、必要なものが足りない、ということも多い。例えばタイピング練習ソフトは視覚障害者には必須だが買われていない、など。
  • インターネット利用で最近お困りなのは画像認証。介助者が代行している。
  • PCがフリーズする頻度は昔も今もあまり変わらない。ただ諦めるのではなく、「開いているウィンドウの数だけでも読み上げられないか」など、何か情報を得るように指導している。
  • PC利用ニーズは多様。全盲でも写真を楽しむ方がおられる。名刺やはがきに写真を入れて印刷したい、など。プレゼン資料作成に使えるスクリーンリーダーは限られる。
  • 「ITファーム」では生活支援利用が中心なのでビジネス向けソフトの支援はあまり行われていない。
  • PCではないが、携帯電話(らくらくホン)の相談も時々ある。

帰りに私は、

  • 「視覚障害被災者の10年 阪神・淡路大震災メモリアルイベントの記録」神戸アイライト協会・編(2005) ISBN4-86055-242-3

を購入。私は先ほどまで東京に戻る新幹線の中で、この本を読んでいました。

ゆうべメリケンパークで見た神戸港の震災の傷跡を思い出しました。

私は1996年に京都に移ってから「1995年の震災をきっかけに人生が変わった」という方と何人も出会いました。そんな出会いがなかったら、私は「ウチコミくん」を開発することもなく、いまこうやって障害者支援に関わっていなかったと思います。

これまでにも何度か神戸を訪れたことはあるのですが、今回やっと、私はこの街のことをまともに知る機会を得た、そんな気がします。

神戸の街を少しだけ歩いていて、高層マンションやショッピングモールがあちこちに建ち並ぶ街を「きれいだなあ」「きれいになったんだなあ」と思いました。

しかし森さんにその私の感想を言うと、森さんは「昔は高い建物がなかったから、今の方が汚くなったと思います」とおっしゃいました。

その「高層ビルがあることを汚いと感じる感覚」にも、私には頷けるところがあります。

偶然なのか、運命なのか、7月のWIT研究会は、やはり大きな地震を経験した「新潟」での開催です。

■追記(2008-06-02) 写真を下記「はてなフォトライフ」に登録しました。

■追記(2008-06-04) 神戸アイライト協会さまから御教示いただき、一部の記述を訂正しました。

カテゴリー
wit

第42回WIT研究会

明日から神戸大学で第42回福祉情報工学研究会(共催:音声研究会)です。

あわせて、5月31日(土)11:00~12:30 に神戸アイライト協会様の視覚障害者通所施設およびIT支援施設の見学会を行います。視覚障害者支援の現状についてお話を伺う貴重な機会ですので奮ってご参加ください。

カテゴリー
wit

アクセシビリティのアンチパターン

2月27日、NHK放送技術研究所で行われた「視覚障害者向けマルチメディアブラウジング技術の開発」というシンポジウムに参加しました。ディジタル放送のバリアフリー研究開発についての情報通信研究機構の委託研究の成果発表でした。

視覚障害を持つ方の多くがテレビを情報源にしている、という現状があるのですが、ディジタルテレビ放送のデータ放送にはスクリーンリーダーのような技術が存在しません。このような現状を解決するために、音声ブラウザの技術、点字ディスプレイや触覚ディスプレイなどの技術を応用した興味深い技術報告とデモンストレーションが行われました。

そのことはとても意義のあることだと思ったのですが、一方で私が感じたのは、そもそもディジタル放送という技術をもっとユニバーサルデザインで設計できなかったのだろうか、放送情報の作り手がもっとアクセシビリティに配慮することができないのだろうか、ということです。

データ放送に使われるBMLはDynamic HTMLの技術がベースなのですが、ECMAScriptで動的に制御することに特化していて、pとdivとobjectしかタグがないのだそうです。意味的な構造を記述するタグがないので、たとえ情報を取り出せたとしても、音声や展示で提示するためのナビゲーション操作ができません。

だから、放送局でBMLの画面を作った後で、それに合わせて意味的情報を取り出すための「後処理用データ」を作って、受信側に送る、という仕組みが開発されています。XPathなどを使ってテキストエレメントを取り出して、視覚的構造から意味的構造をごりごり抽出するわけです。

どうにもスマートじゃないと思うのですが、放送の現場で最初から「意味的構造でマークアップされたデータを作成する」というのは難しいのだそうです。

新しい技術が開発されるたびに「アクセシビリティのアンチパターン」というべきものが繰り返されているように感じます。

そんなに歴史の古い技術でもないはずのディジタルテレビが、こんな方法でしかアクセシビリティを確保できないのは、技術よりも思想に問題があったとしか言いようがないように思います。

セマンティクスを無視して低レベルのインタラクションを記述するような、スクリプト言語での制御に過度に依存するような、そんなマークアップ言語を設計してしまうと、ユニバーサルデザインが損なわれる。こういうことは、新しい技術を開発して標準化する人が、教訓として持つべきではないでしょうか。

そういえばテレビもラジオも、もともと受信機を自作できるくらいオープンなインフラだった、ということをふっと思い出しました。

いまやテレビは、データのコピーさえ自由にできないインフラになっています。ブラックボックスをアクセシブルにすることがいかに難しいか。。。

ラジオが相変わらず、受信機を自作できるくらいオープンなインフラであることは、いいことだなあ、と思ったりもします。