NVDAユーザ会広島 3月の予定

NVDAユーザ会広島は、3月から4月にかけて以下の予定で活動します。

(1)
NVDAユーザ会広島は1ヶ月に2回くらい、基本的に土曜日の午後に勉強会を行なっています。

スクリーンリーダーについて勉強する場として、私は 広島市視覚障害者情報支援センター(VIC) の活動にも参加しています。
NVDAユーザ会広島の勉強会は NVDA の開発に参加できる方を増やすことを目指しており、 Python や NLTK に取り組もうとしています。
参考書として「入門自然言語処理」や「日本語入力を支える技術」に興味を持っています。
可能な範囲で Ustream 配信も行いたいと思います。

第6回勉強会 3月10日(土曜日) 10時から13時
広島市心身障害者福祉センター(広島市東区光町)和室

第7回勉強会 3月24日(土曜日) 13時30分から17時30分
宇品公民館(広島市南区宇品)

3月24日の夜 第45回「WEB TOUCH MEETING」に参加します。

第8回勉強会 4月14日(土曜日) 13時から17時30分
広島市心身障害者福祉センター(広島市東区光町)第一会議室

第9回勉強会 4月21日(土曜日) 10時から15時
広島市心身障害者福祉センター(広島市東区光町)第一会議室

入門 自然言語処理
入門 自然言語処理

posted with amazlet at 12.03.07
Steven Bird Ewan Klein Edward Loper
オライリージャパン
売り上げランキング: 12075

(2)
NVDAユーザ会広島は 広島県立視覚障害者情報センター との話し合いを始めました。
例えば NVDA でサピエ図書館を使う体験会の企画、電子書籍(テキストDAISY、マルチメディアDAISY)の制作の支援、などを考えています。

広島県立視覚障害者情報センターはいわゆる「点字図書館」として、広島県内全域を対象に録音図書、点字図書などの貸出をしておられます。
音訳(対面朗読)・点訳のボランティアの方々のための設備もあります。
また、インターネットによる録音図書や点字図書のサービス サピエ図書館 の利用サポートもしておられます。

サピエは書籍だけでなく地域・生活情報の提供にも取り組んでいます。
この地域生活情報のサービスはテキストで入力された情報を合成音声に変換する機能も備えています。
広島県立視覚障害者情報センターは、広島における地域・生活情報を配信するスタッフを増やし、情報の充実を目指しておられます。

NVDAユーザ会広島はオープンソースのスクリーンリーダーである NVDA日本語版 を、サピエ図書館の利用に役立てていただきたい、そして、サピエ図書館を便利に使えるための改良をしたい、と考えています。

視覚に障害を持つ方のために何かをしてみたい、という方に「パソコンのサポートを一緒にやりませんか」と呼びかけているのがVICのような団体です。
「書籍を朗読したり点訳したりする活動はいかがですか?」と呼びかけているのが広島県立視覚障害者情報センターのような施設です。
インターネットや情報技術の進歩によって、これらの活動とは異なる「第3のボランティア」の可能性が広がりつつあります。
動画の音声ガイドを作りませんか?といった活動もあるでしょうし、紙の本を電子化する作業も「情報バリアフリー」の活動のひとつです。

NVDA日本語版に関わる技術やノウハウを、こうした活動につなげていきたいと考えています。

追伸:NVDA日本語化プロジェクト は 3月11日(日曜日)および 3月21日(水曜日)21:30 から開発者 Skype 会議を行います。参加を希望される方は Skype nishimotz にご連絡ください。

追記(3月16日)3月24日の会場変更、WTM参加について修正と加筆をしました。

「光の茶会」の支援を振り返る

岩手県山田町で災害ボランティアとして活動している為公史さんの依頼で、私が岩手県山田町を訪れたのは2ヶ月前のことでした。
その後、何度か 関連記事 でご報告したとおり 「光の茶会」 という Ustream 配信のお手伝いをしました。
放送の内容を書き起こして Twitter に流したり、Togetter でまとめたりする作業は、6月末まで行いました。
書き起こしの際には、個人を特定する情報、情報の信頼性、内容の中立性などに配慮しようと、私なりに努力をしたつもりです。しかし、もし私の書込み(Twitter @24motz)についてご不明な点があれば、御指摘いただければ幸いです。
作業の報告でオラビー・ジャパン(個人事業者としての西本の屋号)の名義を使いましたが、私は本件に関して技術支援と機材の貸与を無償で行い、現地に行く交通費も自己負担しました。

為さんの「移動茶室」は7月半ばに山田町から信楽に移動しましたが、モバイルルーターで Ustream 放送を続けておられます。
「山田町から復興を語る」というタイトルはもはや適切ではないかも知れません。
“「光の茶会」の支援を振り返る” の続きを読む

NVDAユーザ会広島 7/29 #nvdajp #nvdahiro

「NVDAユーザ会広島」 はオープンソースのスクリーンリーダー NVDA とその 日本語版の普及に取り組む非営利活動グループです。
下記のとおり第2回のミーティングを行います。

日時:2011年7月29日(金) 13時から16時
場所:広島市心身障害者福祉センター(広島市東区光町)2階 会議室1
参加は無料、申込不要です。

NVDA日本語版 (nvdajp) で、音声エンジン、日本語IME、点字ディスプレイに関する作業を担当している私 @24motz と @hoozukiyama さんが出席します。
ユーストリームによる中継も予定しています。
(使用予定チャンネル nvdahiro / ハッシュタグ #nvdahiro / Twitter @24motz です)

会場は 広島駅 新幹線口 から約1キロメートル。
広島駅からの無料送迎バスは 12:10 発と 13:10 発があるようです。
詳しくはセンターにお問い合わせください。

本家によるバージョン 2011.2 のリリース目標が 7/26 と発表されています。その日本語版である 2011.2j は8月上旬のリリースを目指しています。

NVDAユーザ会広島は nvda-hiroshima メーリングリスト(Google Groups)を開設しています。メーリングリストへの参加を入会の手続きとみなし、会費は無料です。

ボランティア活動と創造性

5月31日から6月2日まで岩手県山田町に滞在し、それ以来、山田町の外からやってきて長期滞在しているボランティアの「情報発信の支援」を続けています。
Ustream による夜8時から9時までの放送「光の茶会」は毎日続いています。
私 @24motz が中継できる日もできない日もありますが、まとめは Togetter をどうぞ。
この時間に放送に参加しにくい方は公開メーリングリストもご利用ください。

追記 (2011-12-15) 山田町のボランティアセンターは11月30日に閉鎖され、県外からのボランティア受け入れは終了したとのことです。私から提供した通信機器による活動は終了しています。

以下、2週間の放送を振り返って、私が感じていることをお伝えします。
“ボランティア活動と創造性” の続きを読む

NVDAユーザ会広島 報告とMLのお知らせ #nvdajp #nvdahiro

NVDAユーザ会広島(代表:西本卓也 nishimotz [at] gmail.com )は2011年6月13日に最初のミーティングを行いました。
会場での参加者は4名(視覚障害をお持ちの方1名を含む)でした。
また Ustream 配信を行いました(ユニーク視聴者数13)。Twitter経由でのご発言もいただきました(Togetter まとめ)。
より詳しい議事録(案)はこの記事の後半にまとめます。

今後の活動方針について議論し、 nvda-hiroshima メーリングリスト(Google Groups)を作りました。
今後、メーリングリストへの登録を入会の手続きとみなし、ただし会費は無料とします。
詳細な規約や運営についてはひきつづきメーリングリストで議論します。

今後、広島を中心にパソコンボランティア、Webアクセシビリティ、オープンソースなどのイベントに参加していきます。
また、NVDA 本家コミュニティ、NVDA日本語化プロジェクト (NVDAJP) などにも積極的に参加していきます。

“NVDAユーザ会広島 報告とMLのお知らせ #nvdajp #nvdahiro” の続きを読む

光の茶会と復興山田町メーリングリスト #yamada_twn

為公史(ためまさひと) @tamemasahito さんが岩手県山田町からボランティア仲間と復興について語る Ustream 放送 「光の茶会」 は6月3日に始まって、毎日だいたい夜8時から9時までの放送が1週間続きました。

毎日議論を要約したり、インターネットを介して発言してくださる方のご意見を伺っているうちに、「もっとじっくり話し合いをする場が必要なのでは」と思いました。そこで fukko-yamada-twn というメーリングリスト(Google グループ)を作成しました。ご活用いただければ幸いです。
“光の茶会と復興山田町メーリングリスト #yamada_twn” の続きを読む

漁村から復興を語るインターネット放送がスタート

災害ボランティアが移動茶室からキャンドルキャスト。
Ustreamで毎日夜8時から9時に放送、視聴者と双方向の対話を開始。

2011年6月4日

(写真:「光の茶会」キャンドルキャストの様子)

東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県山田町でボランティア活動を続けている為公史(ためまさひと)さんが、山田町災害ボランティアセンターなどの協力を得て、ご自身の「移動茶室」から毎晩1時間(夜8時から9時)のインターネット放送を行うことになりました。第一回の放送は6月3日に行われました。
放送はインターネットのサービス Ustream を使って実施され、視聴者はインターネットが利用できるパソコンなどから無料で視聴できます。さらに視聴者からの文字による発言ができるので、双方向の対話が可能です。
(参加方法はこの記事の末尾にてご案内します)
“漁村から復興を語るインターネット放送がスタート” の続きを読む

岩手県山田町(2) #olarbee #yamada_twn

岩手県山田町からの報告の続きです。
6月1日と2日の @24motz のツイートをまとめます。なぜか6月1日のツイートの一部が半日遅れで流れてしまったので、読みにくくなっていますがご容赦ください。
なお、山田町の移動茶室からのUstream配信2日目の記録は Togetter にまとめました。

追記(6月4日):6月3日から為さん自身による放送が始まりました。

放送中にご紹介できなかった @yukiqawa さんの提案なさったアンケートは以下のとおりです:

  1. 今回の震災で自分が住んでいた地域はどのような被害状況に分類的に評価できますか?(で、これをみせる。)http://www.cas.go.jp/jp/fukkou/pdf/kentou1/hirota.pdf
  2. それを踏まえてどの方法が生活・地域の復興として望んでいますか?(高台移転か、効果的な防波堤建設か、津波シェルターか、その他の案か)方策についての長所・短所も含めて質問を出す。
  3. その他要望としては、これからの生活の理想も聞く案も出てもいいでしょう。元の生活に戻りたいか、新しく暮らしたいか、財産は削られたくないか。

移動茶室の主である為公史(ためまさひと)さんが「西本がやったことを自力でやりたい」とおっしゃったのです。
インターネット接続環境の整備が課題ではありますが、とりあえず為さんのパソコンに無線LANとWebカメラとマイクを接続し、Twitter と Ustream のアカウントを作成することをお手伝いしてきました。
毎日、夜の8時から9時くらいの時間に「移動茶室からキャンドルキャストを」と意気込んでおられます!

私はひとまず山田町を離れました。でも、3日間の山田町の体験は決して忘れません。そして、岩手県山田町の復興に向かって熱い気持ちをぶつけ合っているヨソモノと地元の方々の協力が少しでも実を結ぶことを願わずにはいられません。

「山田町にお節介をせずにはいられなくなったヨソモノ」の一人として、きっとまたお邪魔させていただきます。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

“岩手県山田町(2) #olarbee #yamada_twn” の続きを読む

岩手県山田町から #olarbee

5月31日から6月2日まで岩手県山田町に滞在しています。
東京から高速バスに乗って高速道路から2時間、一般道での移動で宮古へ。それからさらに車で1時間くらいの移動です。

基礎部分だけが残された町の中に、ぽつんぽつんと赤いスプレーで「解体OK」と書かれた建物が建っています。
建物だけでなく、陸に乗り上げた船にも「OK」などと書かれています。
ちょっと別のパターンですが「壊してよいですか?役場」という文字も目に入りました。
ここでは津波を受けた建物が掲示板になっています。
この間みたばかりの袋町小学校の壁文字を思い出しました。。

持参したインターネット環境を使って、現地から Ustream 配信をおこなっています。
昨夜と今夜の2回だけの予定ですが、18:00から22:00くらいに Olarbee チャンネル をチェックしていただけると幸いです。
その後も #olarbee チャンネルでは「コミュニケーションとコミュニティの支援」に関する配信を行うつもりです。

昨日の、配信中を含む私の @24motz での発言を以下にまとめます。
“岩手県山田町から #olarbee” の続きを読む