カテゴリー
hiroshima nvda python shuaruta

オープンセミナー2020@広島

オープンセミナー2020@広島が昨日(2020年2月8日)開催されました。

Togetter まとめ

私も3年くらい前から実行委員の一人として運営に関わっていて、今回は副委員長を務めました。

おかげさまで100人を超える(懇親会の参加者だけでも67人)多くの人にご参加いただき、盛況に終わりました。

次回以降のスタッフ希望のご連絡は @24motz 宛でも結構ですので、お待ちしています。

PyCon mini Hiroshima 2020

私の会社(シュアルタ)は前回に続いてスポンサーとなりました。

去年に続いてスポンサーセッションの時間を5分いただいたのですが、イベントのテーマ「エンジニアライフHacks」に沿った話をするには時間が短すぎました。

そこで 過去にブログに書いた内容を「PyCon mini Hiroshima のウェブサイトとアクセシビリティ」として紹介しました。

200208 osh-nishimoto-v2 from Takuya Nishimoto

スライドの中でご紹介した重要な告知は

「2020年10月10日(土曜)に PyCon mini Hiroshima 2020 をやります」

です。詳細はこれからすこしずつ発表していきます。よろしくお願いします。

「正しいことを」の話

スクリーンリーダー NVDA のコミュニティ活動を踏まえてウェブ制作の配慮の話をしました。

私の活動のモチベーションを「正しいことを躊躇なく行うのは、気持ちいい」と表現しています。

「正しいことを躊躇なく」は、Python コミュニティの著名な人たちからヒントを得たキーワードです。

「正しいことを行うことに喜びを感じている人たち」は、アクセシビリティのコミュニティで著名な人たちについての私の観察です。

「エンジニアは正しくないことを行いたくたい」は、自分の感じていることでもあり、よく語られていることでもあります。

こういったことを考えていたら、前述のようなトークになりました。短い時間で説明するのは難しかったですね。

Hacks?

各セッションは聞きながら響いたキーワードや感じたことをツイートしています。

2020年2月8日 @24motz のTwiLog

どなたもきちんと考え抜いて丁寧に「エンジニアの生き方・学び方」あるいは「ソフトウェア開発の最先端」を語っておられました。

「働くこと」と「楽しむこと」の両立についても多く語られました。

これは、前回の「学び方Hacks」のときからテーマ決定に参加している私の反省になるのですが、設定したテーマが「Hacks」という、ちょっと斜に構えたキーワードになっているのは、アンバランスだなあ、と思いました。

学び方にも生き方にも「Hacks はない、まじめにやろう」という、当たり前のようなことを、去年と今年と2回にかけて、登壇者の皆さんから感じ続けています。

座長&実行委員長

昨夜の懇親会で挨拶しましたが、PyCon mini Hiroshima 2020 の座長も、オープンセミナー2021@広島の実行委員長も、どちらも「やります」ということになりました。

この一年、いろいろご協力、ご支援をいただければ幸いです。よろしくお願いします。

株式会社シュアルタ

私が2011年に広島に戻って以来、基本的にフリーランスのような働き方でエンジニアとしてやってこれたのは、オープンセミナーや PyCon のようなコミュニティのイベントで、いろいろなことを学ばせてもらったおかげだと思っています。

株式会社シュアルタは2018年2月9日(肉球の日)設立で、今日は会社の設立記念日でもあります。

無事に第2期が終わり、今月から第3期として営業をしております。

ウェブアプリ、モバイルアプリなどの受託開発、ソフトウェア開発のコンサルティングをしながら、スクリーンリーダー NVDA 日本語版の活動を行い、ペット事業の研究も続けています。

シュアルタも引き続きよろしくお願いします。

カテゴリー
nvda python shuaruta

NVDA 2019.3 の新機能

このエントリーは Webアクセシビリティ Advent Calendar 2019 の3日目の記事になります。

NVDA日本語チーム の西本です。ふだんは広島県広島市にいます。オープンソースのスクリーンリーダー NVDA の日本語対応に関わりながら、NVDA 日本語版のリリースを続けています。
ウェブアクセシビリティ基盤委員会 WAIC WG2 にも参加しています。

広島では Python のコミュニティ活動やイベント開催に関わっています。
フリーランスの技術者として NVDA に関するコンサルティングや開発のお仕事をいただくこともあります。
私の会社(シュアルタ) にご相談ください。

NVDA相談会の開催報告

本題に入る前に NVDA 日本語チームのブログ記事をご紹介します。
2019年11月1日にサイトワールド2019で「NVDA相談会」を開催しました。

NVDA 相談会 in サイトワールド2019 開催報告

191101 nvda-sightworld-nishimoto from Takuya Nishimoto

NVDA 2019.3 の新機能

NVDA 2019.3 はまだリリースされていませんが NV Access のブログ で変更点が紹介されています。

私も 翻訳 をしていて、単に Python のバージョンが変わるだけではなく「新機能も盛りだくさん」になってきたなあと感じています。

ここでは Web アクセシビリティに関わる皆様に関係があることを中心にご紹介してみます。

フォーカスハイライト

2016年のアドベントカレンダー記事 など何回か紹介した「フォーカスハイライト」という NVDA アドオンですが、ついに NVDA 2019.3 で NVDA 本体の機能になります。

この機能は「画面が見えにくい人」の支援技術であると同時に、NVDA の「ナビゲーターオブジェクト」や「ブラウズモード」がどう動くのか、どういう状態なのかを把握できるので、アクセシビリティ検証に役立つと思います。

私の実装は大幅に書き直しされましたが、基本的に「私がやりたかったこと」を「私がやってきた方法」で実装してもらえました。

さらに、NVDA 本体に入ることのメリットとして、NVDA に視覚的な拡張を行うアドオン(ビジョン拡張プロバイダー)の仕様が決められて、その枠組みで新しいフォーカスハイライトが実装されました。

現状では、NVDA 2019.3 のフォーカスハイライトと、私のアドオンは、それぞれ以下のような利点があります。

  • 本体機能:ブラウズモードのカーソルをハイライトできる。Webブラウザで左右の矢印キーで1文字ずつ移動すると、どの文字を読んでいるかがわかる。
  • アドオン:ハイライトの色や太さのカスタマイズができる。NVDA+Alt+P でハイライトの表示/非表示を切り替えできる。過去のバージョンの NVDA でも利用できる。

おそらく今後は NVDA 本体のフォーカスハイライトの改良に貢献したほうがよいと考えています。ご要望があればお知らせください。

スクリーンカーテン

さきほど紹介した「ビジョン拡張」のもうひとつの機能として「スクリーンカーテン」が追加されました。

VoiceOver にもあるのでご存じかも知れませんが、簡単にいえば「画面を真っ黒にする」機能です。

アクセシビリティ検証作業のために目をつぶって操作をしていた晴眼者の皆様にも、待望の機能かも知れませんね。
(スクリーンカーテンを終了する方法をちゃんと練習してから試してください。)

NVDA 2019.3 設定「ビジョン」カテゴリ

WAI-ARIA など Web 標準への対応の強化

NVDA の Enhanced Aria アドオン に相当する機能強化が NVDA 本体で行われました。

例えば Issue 9485 として aria role group への対応を確認しました。

報告されていた例をすこし手直しした下記の例をブラウザのロケーションバーに入力して

data:text/html, <p><button>1</button></p><p role="group" aria-label="A"><button>2</button></p><p><button>3</button></p>

1, 2, 3 という3つのボタンが上下に並んでいる

最初は Tab でボタンに移動、続いて下矢印キーで操作すると

  • ボタン 1
  • A グループ ボタン 2
  • グループの外 ボタン 3

のようになります。

この「グループ」の報告は「書式とドキュメント情報」で有効・無効を切り替えられます。
また「入力ジェスチャー」でカスタマイズすれば、1文字ナビゲーションで「グループ」単位の移動ができます。
(デフォルトではキー操作が割り当てられていません)

他には例えば Issue 9616 として role=combobox 対応の不具合が修正されています。

この他に figure 要素や article 要素への対応も強化されています。

コンソール対応の改善

Web 関連ではありませんが、2019.3 ではコマンドプロンプトや WSL など、いわゆる「コンソール」への対応が改善されます。

この作業の一部は、Google Summer of Code の支援で行われました。

従来の NVDA ではコマンドプロンプトが日本語の文字を正しく処理できない場合がありましたが、新しい NVDA では改善していると思います。

2019.3 リリースへの道のり

NVDA の通常のリリース作業は、本家ベータ版のリリース、翻訳チームの作業期間の宣言(string freeze と呼ばれます)とその作業締切(通常は2週間後)、リリース候補版、通常はその1週間後に正式リリースとなります。

今日すぐに本家ベータ版がリリースされたとしても、最短で3週間後に正式リリースとなります。

あれ、NVDA 2019.3 は本当に2019年12月31日までにリリースされるの?

みたいなハラハラドキドキも私たちと共有したいという皆様、まずは NVDA 日本語チームのメーリングリストへのご参加から、私たちの活動にご協力いただけると嬉しいです。

詳しくは www.nvda.jp をご参照ください。

カテゴリー
barrierfree nvda shuaruta

CSUN国際会議2019に参加中

ひさしぶりに CSUN Assistive Technology Conference に来ています。

Twitter @24motz で聞いたことをメモしながら会場を回っています。

twilog でまとめています。

どのくらいひさしぶりかというと、2002年が前回の参加だったようです。17年ぶりですね。。当時はロスアンジェルス空港のすぐそばのホテル、その後会場がサンディエゴになり、今年からアナハイム。
ディズニーランドのすぐ近くにいて、ホテルの中をずっとうろうろしています。

今回の大きな目的は NVDA の開発をしている NV Access の人たちにひさしぶりに会って話をすることでした。

昨日、目的は果たすことができました。

NV Access のセッションの様子

あらためて NVDA 日本語版の状況を報告。

今年これから進められる Python 3 移行における日本語の文字コードの問題、 Windows 10 の新しい日本語入力メソッドへの対応の問題、など、日本の NVDA ユーザーにとっての不安材料を伝えました。

話し合った結果、これらの問題を確実に解決しながら前に進んでいけそうだという確信を持ちました。

詳しいことは、いずれお伝えしていきたいと思っています。

株式会社シュアルタとしては NVDA の法人向けサポート事業を準備中です。

数々のセッションや企業などの展示から、今後に向けたヒントや刺激をいろいろもらっています。

たくさんの盲導犬が会場中を所狭しと働いているのも、17年前と変わらない、ほほえましい光景です。

カテゴリー
anna hiroshima kikurako shuaruta

2019年

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

写真: 白い犬のアンナと白いイノシシの置物

株式会社シュアルタは2019年2月に設立1周年を迎えます。

まだまだはじめてのことばかりで落ち着きませんが、飛躍できる会社を目指して頑張ります。

kikurako は1月30日から2月11日まで宮島で展示会を開催します。

こちらもよろしくお願いします。

カテゴリー
anna hiroshima shuaruta

アンナの日記

「そんな広島」Advent Calendar 2018 の 23日目の記事だワン。

写真: 白い犬、アンナ。首にピンクのリボン

シーリハムテリアのアンナ(メス、5さい)だワン。

5年前に、生後2か月で広島に来たワン。

パパとママは今年、会社を作ったワン。

アンナも会社のメンバーになったワン。

肩書は「くんくん隊長」。

お給料なのかな、前よりもらえるオヤツが増えたワン。

会社の名前、シュアルタ の「ア」はアンナの名前、「ル」と「タ」はママとパパの名前の頭文字だワン。
「シュ」の由来は秘密だから言っちゃダメ、だって。。

会社のメンバーになったらすぐ、大きなお仕事。
出張で初めての東京。大きなペットイベントを視察。
キラキラ着飾ったワンちゃんがいっぱい来てたワン。

秋には広島の「ペット博」にも行ったワンよ。

今年はお医者さんのお世話になることも多かったワン。
美味しいお肉をもらったら骨がお口に引っかかって取れなくなったり、おなかを壊したり。。

そういえばパパも今年、よく病院に行ったワン。
夜中にアンナに手を出そうとしたパパに、ついカッとなってかみついたことも。
パパは指の血が止まらなくて病院に急行。
アンナもびっくりしたワンよ。。

いつもお散歩をしていた河川敷や川沿いの道が、7月の大雨で壊滅。

ショックだったワン。

最近になってやっと前のようにお散歩できるようになってきたワン。

シュアルタは、災害のときに行方不明者の捜索に活躍してくださる
NPO法人「日本レスキュー協会」の法人会員になったワン。
レスキュー犬は、すごい訓練を受けた優秀なワンちゃんたちなんだって。。

ママは愛玩動物飼養管理士(2級)を取得したよ。おめでとうワン。

パパは動物学や応用行動学の専門書をいっぱい読んだんだって。
アンナのこと理解できたワンか?

「イグ・ノーベルの世界展」で「バウリンガル」の実物も見たんだって。
パパもアンナの言葉わかるようになったワンか?

アンナは会社のお仕事もしなくちゃ、なので、パソコンも勉強して、こうしてパパのブログも代筆するんだワン。

でも、文章を書くのは疲れるワン。ツイッターも始めたけど、インスタのほうが楽だワン。

もうすぐ「ワンコ年」も終わるけど、来年もアンナとパパとママをよろしくワン。