シュアルタ

写真 犬の人形(こぎん差し) 小さなツリー ふたりの人の影

あけましておめでとうございます。

2017年12月に広島駅前のコワーキングスペースの会員になって、平日の昼間はオフィスで仕事をするようになりました。

同じタイミングで、過去に使ってきた「オラビー・ジャパン」という個人事業主の屋号を「シュアルタ」に改めました。

2018年から、妻の個人事業主としての活動だった kikurako を、シュアルタの事業のひとつとして行います。

シュアルタではこれから妻と、そして愛犬「アンナ」と協力して、新しい事業を行っていきます。

今年もよろしくお願いいたします。

オフィス(2017年12月より)
〒732-0828
広島県広島市南区京橋町1−7
アスティ広島京橋ビルディング1階
西本 卓也

(fabbit広島駅前)

NVDA に関するお問い合わせについて

スクリーンリーダー NVDA 日本語版の開発は非営利の任意団体「NVDA日本語チーム」として行っております。

NVDA日本語チームへの問い合わせメールアドレスについて、次回リリースするバージョン 2014.2jp から、以下のように書かせていただいています。

メールアドレス nvdajp@nvda.jp へのご連絡につきまして、バグ報告、ご要望、使い方の質問などには、原則として個別にお返事をいたしませんので、ご了承ください。
日本語チームとして対応させていただく場合には、ご連絡の内容を、個人を特定できないように編集したうえで、チケットシステムで公開して検討させていただきます。

コミュニティとしての無償の活動は、公開の活動に限定させていただいております。
(地域コミュニティ「NVDAユーザ会広島」の活動についても同様です)

NVDA やその日本語版について、研究、教育、ソフトウェア開発、コンサルティングを、西本が個人(個人事業主)のビジネスとしてお手伝いをすることは可能です。
非営利的な活動には、ビジネスとは別の選択肢(共著者としての学会発表など)もあります。

最近の実績としては、NVDA のソースコードに手を加えて実装した独自のスクリーンリーダーについての東京女子大学との共同研究があります。
今年度は広島地域の大学との共同研究をさせていただく話が始まっています。
また、海外から来日した視覚障害のある研修生に対する NVDA 日本語版の導入支援も行いました。
先日 BLPC が実施した NVDA の電話サポートおよびメールサポートでは、スタッフへの技術指導もさせていただきました。

NVDA に関する非公開のご相談、コンサルティングやソフトウェアの受託開発は、すでにお受けしている仕事があるのですが、時間の余裕があれば対応させていただきます。

ただし、NVDA 日本語版そのものの仕様変更や機能追加のご要望は、NVDA日本語チームに対してご相談ください。

いまそれほど時間の余裕がないので、宣伝してもどれだけ仕事をお受けできるかわからないのですが、

「NVDA のサポートをしてくれる会社はありますか?」

というご質問がどこかで出ているらしいので、いちおう私が(法人ではありませんが)そういう事業者として活動していることをお知らせしておきます。

金額はお問い合わせください。
内容や条件がご予算に見合わない場合は、無償のコミュニティ活動での対応をご提案させていただく場合もあります。

NVDA 開発元の NV Access は NVDA に関するサービスとして、法人向けサポートやトレーニング、Windows ソフトウェアのアクセシビリティに関するコンサルティング、特定のアプリケーション向けの NVDA のカスタマイズ、という事業内容を挙げています。
私が提供できるサービスも同様の内容です。
このほかに、NV Access や本家コミュニティに対する英語でのバグ報告などのお手伝いも可能です。

余談ですが、個人事業者としての西本は現在「オラビージャパン」という屋号を名乗っています。
(この屋号でもともとやろうとしたことは NVDA の活動ではないのですが。。)

最初は「オラビー・ジャパン」と表記していたのですが、技術系の有名な出版社と間違えられることがあったようなので、中点を入れるのをやめました。
最近、某学会の文献データベースで著者検索をして、見事に2種類の表記が検索結果に出てきてしまい、こういうものは中点ひとつでも途中で変えるのはよくなかったと反省しています。。

オープンソースのスクリーンリーダーNVDAとその日本語化

昨日、日本音響学会東海支部 技術講習会 視覚・聴覚障害のための支援技術の現状と展望 にて「オープンソースのスクリーンリーダーNVDAとその日本語化」という講演をしました。
スライドは ja.nishimotz.com/screen_reader として私のサイトで公開中です。右上の画像をクリックするとブラウザ内でスライドショウになります。
参加してくださった皆様、企画や運営にかかわられた皆様に御礼を申し上げます。

講演の合間に開発中のバージョンを使って実演を行いました。JTalk による早口音声、かな漢字変換のフォネティック読みや詳細読み、Windows エクスプローラーを例にMSAAのオブジェクト情報とNVDAでの音声化の比較などをお見せしました。点字ディスプレイは機材を持参できなかったので、動画でご紹介しました。
Web閲覧の実演をする時間が取れませんでしたが、NVDA の日本語化を例に、「日本におけるスクリーンリーダーの歴史と現状」をご紹介できたのではないかと思います。

アクセシビリティにおけるGUIの影響についてご質問をいただきました。
一般的にはGUIは「画面表示から文字情報を取り出しにくくなった」「キーボードだけで操作できないアプリケーションが増えた」ということで、アクセシビリティが悪くなった原因と考えられています。
しかし私が10年前に「視覚障害者のための電子メール環境における操作性の検討」で触れた考察ですが、「階層化メニューなどの操作が標準化された」というメリットも無視できないと思います。

操作性の変化の問題よりも大きいのは、時代とともに変化するアプリケーションやサービスの環境に取り残されたくない、という意識でしょう。MS-DOSの時代はパソコン通信の時代でした。Windows の時代は電子メールとWebの時代であり、そして近年のスマートフォンの時代はソーシャルメディアの時代でもあります。

アクセシビリティのためにはメカニカルなスイッチの存在は重要で、タッチインタフェースでアクセシブルなデバイスを作ることは難しい、と考えられてきました。
しかし、Apple の VoiceOver など工夫されたインタフェースの登場は、この常識を変えて、視覚障害をお持ちの方に受け入れられつつあります。Windows 8 の Metro UI は構成要素がシンプルであり、工夫次第では従来の Windows アプリケーションよりもアクセシブルにできるかも知れません。

最後に、最近 iPhone 4S の新機能として話題になった音声認識・音声対話は、そろそろスクリーンリーダーの入力手段として再評価されると考えています。

NVDA 日本語化プロジェクトは、まもなく本家が最終版をリリースする 2011.3 の日本語版に向けて、作業を進めています。先日リリースした jpdev11114 では日本語IMEサポートの改良が完全ではないので、あと数回の開発版スナップショットの公開と検証が必要です。

オラビー・ジャパンの活動としては今後、NVDA 技術を基盤にインタフェースのイノベーションにも取り組んでいく予定です。

PyCon JP 2011 参加

東京で開催された Python のイベント PyCon JP 2011 に参加して、ライトニングトークの機会もいただきました。

すでに諸々まとめのページができています。

私は1月の PyCon mini JP でオープンソースのスクリーンリーダー NVDA のお話をしました。その後、私は大学を退職して広島に転居し、「オラビー・ジャパン」(個人事業者)としての活動を始めました。(というお話をしたら、何人かの方に Facebook の「いいね!」ボタンを押していただけました。)
また、NVDA の日本語化に関わるプログラマー2人が広島に集まったことをきっかけに、「NVDA ユーザ会広島」の活動を開始しました。
今回は NVDA ユーザ会広島の代表としてLTに申し込みをしましたが、10月1日に開催されるオープンソースカンファレンス広島では、セミナーとブース出展を予定しています。

PyCon JP の当日、りんかい線「品川シーサイド駅」から歩いて会場の入口で最初に目にしたものは大きな階段でした。そして私が登ろうとしたときに、後ろから大きなスーツケースを持った人がやってきて、会場担当の方にエレベーターがないかと質問をしておられました。
“PyCon JP 2011 参加” の続きを読む

「光の茶会」の支援を振り返る

岩手県山田町で災害ボランティアとして活動している為公史さんの依頼で、私が岩手県山田町を訪れたのは2ヶ月前のことでした。
その後、何度か 関連記事 でご報告したとおり 「光の茶会」 という Ustream 配信のお手伝いをしました。
放送の内容を書き起こして Twitter に流したり、Togetter でまとめたりする作業は、6月末まで行いました。
書き起こしの際には、個人を特定する情報、情報の信頼性、内容の中立性などに配慮しようと、私なりに努力をしたつもりです。しかし、もし私の書込み(Twitter @24motz)についてご不明な点があれば、御指摘いただければ幸いです。
作業の報告でオラビー・ジャパン(個人事業者としての西本の屋号)の名義を使いましたが、私は本件に関して技術支援と機材の貸与を無償で行い、現地に行く交通費も自己負担しました。

為さんの「移動茶室」は7月半ばに山田町から信楽に移動しましたが、モバイルルーターで Ustream 放送を続けておられます。
「山田町から復興を語る」というタイトルはもはや適切ではないかも知れません。
“「光の茶会」の支援を振り返る” の続きを読む

ボランティア活動と創造性

5月31日から6月2日まで岩手県山田町に滞在し、それ以来、山田町の外からやってきて長期滞在しているボランティアの「情報発信の支援」を続けています。
Ustream による夜8時から9時までの放送「光の茶会」は毎日続いています。
私 @24motz が中継できる日もできない日もありますが、まとめは Togetter をどうぞ。
この時間に放送に参加しにくい方は公開メーリングリストもご利用ください。

追記 (2011-12-15) 山田町のボランティアセンターは11月30日に閉鎖され、県外からのボランティア受け入れは終了したとのことです。私から提供した通信機器による活動は終了しています。

以下、2週間の放送を振り返って、私が感じていることをお伝えします。
“ボランティア活動と創造性” の続きを読む

光の茶会と復興山田町メーリングリスト #yamada_twn

為公史(ためまさひと) @tamemasahito さんが岩手県山田町からボランティア仲間と復興について語る Ustream 放送 「光の茶会」 は6月3日に始まって、毎日だいたい夜8時から9時までの放送が1週間続きました。

毎日議論を要約したり、インターネットを介して発言してくださる方のご意見を伺っているうちに、「もっとじっくり話し合いをする場が必要なのでは」と思いました。そこで fukko-yamada-twn というメーリングリスト(Google グループ)を作成しました。ご活用いただければ幸いです。
“光の茶会と復興山田町メーリングリスト #yamada_twn” の続きを読む

漁村から復興を語るインターネット放送がスタート

災害ボランティアが移動茶室からキャンドルキャスト。
Ustreamで毎日夜8時から9時に放送、視聴者と双方向の対話を開始。

2011年6月4日

(写真:「光の茶会」キャンドルキャストの様子)

東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県山田町でボランティア活動を続けている為公史(ためまさひと)さんが、山田町災害ボランティアセンターなどの協力を得て、ご自身の「移動茶室」から毎晩1時間(夜8時から9時)のインターネット放送を行うことになりました。第一回の放送は6月3日に行われました。
放送はインターネットのサービス Ustream を使って実施され、視聴者はインターネットが利用できるパソコンなどから無料で視聴できます。さらに視聴者からの文字による発言ができるので、双方向の対話が可能です。
(参加方法はこの記事の末尾にてご案内します)
“漁村から復興を語るインターネット放送がスタート” の続きを読む

岩手県山田町から #olarbee

5月31日から6月2日まで岩手県山田町に滞在しています。
東京から高速バスに乗って高速道路から2時間、一般道での移動で宮古へ。それからさらに車で1時間くらいの移動です。

基礎部分だけが残された町の中に、ぽつんぽつんと赤いスプレーで「解体OK」と書かれた建物が建っています。
建物だけでなく、陸に乗り上げた船にも「OK」などと書かれています。
ちょっと別のパターンですが「壊してよいですか?役場」という文字も目に入りました。
ここでは津波を受けた建物が掲示板になっています。
この間みたばかりの袋町小学校の壁文字を思い出しました。。

持参したインターネット環境を使って、現地から Ustream 配信をおこなっています。
昨夜と今夜の2回だけの予定ですが、18:00から22:00くらいに Olarbee チャンネル をチェックしていただけると幸いです。
その後も #olarbee チャンネルでは「コミュニケーションとコミュニティの支援」に関する配信を行うつもりです。

昨日の、配信中を含む私の @24motz での発言を以下にまとめます。
“岩手県山田町から #olarbee” の続きを読む

広島への移転のお知らせ

2011年5月16日から、故郷の広島県広島市にて個人事業者としての活動を本格的に開始します。

東日本大震災がなければ、東京大学を退職しても、東京にとどまって技術コンサルタントとして活動するつもりでした。
この1年くらい NVDA 日本語版に本気で取り組まなくてはならないと考え直した結果、@hoozukiyama さんの住む広島への転居は、自然に出てきた選択肢でした。決断を支えてくれた実家の家族、そして kikurako.com として活動中の @kikurako に感謝しています。
今後は広島でアクセシビリティやオープンソースなどのコミュニティをお手伝いしたいと思います。

アクセシビリティ、情報保障、音声技術、パターン認識、オープンソースに関する技術コンサルティング・講演・開発支援などについて、お気軽にご相談いただければ幸いです。遠方での仕事も可能な限り対応いたします。
特に、障害をお持ちの方が参加されるプロジェクトについては、コミュニケーションに関する配慮をさせていただきます。

昨年度末にまとめた博士論文をお世話になった方々にお送りする作業が滞っていることをお詫びします。
また、退職と転居に関してご迷惑をおかけした方々に、改めてご挨拶をさせていただきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。