Ustreamのパスワード配信

昨日今日第54回福祉情報工学(WIT)研究会(共催:ヒューマンインタフェース学会研究会)でした。
前回に引き続き、Ustreamによる配信を実施しました。
また、前回の配信について配信ワーキンググループの連名で報告をしました。
研究会の記録と配信実績の報告は別途しますが、その前に忘れないうちにUstreamに関する御報告をひとつしておきます。

WIT研究会ではできるだけ多くの方に面倒な手続きなく配信したいと考えておりますが、前回および今回に関しては、講演者や情報保障関係者の御要望を考慮して、Ustreamの「パスワード制限による配信」を使用し、ieice_wit のアカウントで配信を実施しました。
私たちは特に前回「聴覚に障害をお持ちの方を考慮した配信」を行いました。その詳細は報告(およびその技術編)の通りなのですが、予想外に多数の「視覚に障害をお持ちのユーザ」から御利用の御要望をいただきました。

一般的には「動画コンテンツに字幕をつける」というのはWebアクセシビリティの配慮としてはなかなか手が回らない部分です。
そこにチャレンジした私たちなのですが、残念ながら、もっと基本的な配慮である「視覚に障害をお持ちの方が、スクリーンリーダ操作で配信を受けられること」について、十分な配慮を実現できておらず、前回に続いて今回もお叱りのメールやツイートをいただいています。

具体的な状況を以下にご説明します。
パスワードを入力しようとしてチャンネルのURLにアクセスすると「この番組はパスワードで保護されています。番組を見るには、有効なパスワードを入力してください」という画面が表示されます。これはHTMLのテキストボックスなので、日本で普及しているほとんどのスクリーンリーダで(音声読み上げとキーボード入力で)操作可能です。

Ustream受信のパスワード操作1

スクリーンリーダを御利用の方はこれを入力すれば配信が始まると思ってお待ちになるようですが、残念ながら配信が始まりません。
実はこの先にもう一つパスワード入力画面があるのです。

Ustream受信におけるパスワード入力(2つめの画面)

この2番目の画面では、Flashの動画配信オブジェクトの一部として、Flashのウィジェットでテキストボックスが表示されているようです。
日本で視覚障害を持つ方が広くお使いになっているスクリーンリーダには、Flashオブジェクトの中のウィジェットを操作できない製品が多数あります。
このため「配信を利用できない」というご指摘をいただく結果になっています。

もしFlashオブジェクトでパスワード入力待ちがなければ、音量調整など操作が困難な要素はありそうですが、全盲の方にもWIT研究会の配信をなんとか聞いていただくことはできると思われます。(そして、視覚に障害をお持ちなので会場に足を運びにくい、自宅や職場から研究会を聴講したい、という御要望にお応えすることも、私たちとしては、情報保障の取り組みの一つとして重要である、と気づきつつあります)

著名な高機能スクリーンリーダであるJAWS(日本語版)はこういった問題に対応できる選択肢の一つですが、高価である・操作方法が初心者向けでない、といった事情で、利用者が限られているのが実情です。
このような日本のWebアクセシビリティの状況を改善すべく、私たちもオープンソースで高機能のスクリーンリーダであるNVDAの日本語化に取り組んでいます。
NVDAでのFlash操作についてはミツエーリンクスさんがブログ記事(続報)で報告しておられます。

今回、配信ワーキンググループは、配信を利用できなかったという方から「パスワード入力がなぜ2回必要なのか」と質問を受けております。

WIT研究会の配信WGとしては、今後、パスワード制限を行わないで配信できるように努力したいと考えております。しかし、別の団体などから、パスワード制限をかけつつ視覚障害をお持ちの方に配慮した配信をなさりたい、という要望はいずれ出てくるのではないかと思います。
そこで改めて Ustream 運営会社の皆様にもこの問題をお知らせするべく、この記事を書かせていただきました。

まずはこの問題について多くの方にご理解いただけることを望んでおります。

NVDA日本語アルファ版

6月30日にスクリーンリーダNVDA日本語化プロジェクトは「日本語アルファ版」をリリースしました。
このバージョンには限定的ながらも日本語IMEの読み上げに対応する機能が実装されました。
この件についてミツエーリンクスさんのブログでも紹介してくださいました。

昨日は開発ミーティングを開催しました。参加者は会場 3人+Skype 1人でしたが Ustream や Twitter で公開して様子をみていただきました。
Twitter発言のまとめはこちらです。

Google Groups に nvda-japanese-users というメーリングリストが開設されています。興味のある方はご参加ください。よろしくお願いします。

“NVDA日本語アルファ版” の続きを読む

UstreamとNVDA

週末の2日間にかけてUstreamの放送を行いました。5月9日はNVDA日本語化プロジェクトの様子を数人の方に見守っていただきました。
launchpad.netへのプロジェクト登録も公開の場で行いました。
バージョン管理ツール bazaar を本格的に使いこなせるようになってきました。

こういう仕事の仕方は「オープンソースの本質がオープンプロセス」であることを象徴していると思います。
いろいろな可能性がありそうです。

追記:

私のUstream環境ですが、1日目はThinkpad X300の内蔵マイク、内蔵カメラで放送。
2日目はカメラにMicrosoft Lifecam Cinemaを使用。2日目の後半では外付けマイクとオーディオテクニカのマイクアンプを使用。
放送マシンではUstreamのみにログインしてTwitter連携を使っていません。
別途モニター用マシンを用意。こちらはUbuntu 10.04環境でした。UstreamにゲストでアクセスしてUstreamの視聴画面からTwitterへのログイン。
こうすることで、TwitterもUstreamもnishimotzアカウントだけ(サブアカウントなし)で、放送とつぶやきとモニタリングができました。

新家さんがブログでコメントしておられます。
ありがとうございました。

“UstreamとNVDA” の続きを読む

5/9NVDA日本語化とUST実験

いつもミツエーリンクスさんの場所をお借りしているNVDA日本語化プロジェクトのミーティングですが、次回は5月9日(日曜日)に、西本の職場の居室兼ミーティングスペースにお集まりいただく予定です。

この際に Ustream の配信実験をしたいと思います。
Ustreamのアカウント:nishimotz at ustream.tv
Twitterのアカウント:@nishimotz
Twitter のハッシュタグは #nvdajp を使う予定です。

オープンソースのスクリーンリーダNVDAに興味をお持ちの方に、たとえライブ動画という形であっても「動いているところ」をみていただける機会を設けることは有意義ではないか、と思っております。ライブで質問や要望をお受けできればもっといいですね。。
しかし、今回は実験ということで私もいろいろ不慣れな状況です。まずは「ダダ漏れ」からということで御容赦ください。

場所は東京大学本郷キャンパス 工学部6号館です。
日曜日なので中に入るためには、建物の入口まで私がお迎えにいく必要があります。nishimotz atmark gmail.com にお問い合わせください。

基本的に昼前からだらだら中継したり打合せをしたりするつもりです。
ただし皆様のご都合もあるでしょうから、コアタイムを13時から15時に設定したいと思います。
西本は Stickam はなんどか使いましたが、Ustream を使うのはこれが初めてです。
NVDAというテーマの趣旨に反して、Webアクセシビリティの問題は多々発生することも予想されますが、今後の課題として克服していければと思っています。

NVDAの日本語IME対応に向けて

今月もNVDA日本語化プロジェクトのコードレビューに参加しました。

本家のNVDAはものすごいペースで開発が進んでおり、またユーザのメーリングリストでは日々大量のメッセージが流れています。

またNVDAはすでに日本でも、従来の日本製の支援技術でカバーされていなかったアプリケーションを音声化するための手段として、他のスクリーンリーダと併用して使う方が徐々に増えているようです。
また、Web開発の企業でもアクセシビリティ検証用としてお使いになる事例が出てきつつあるそうです。
日本でもNVDAという無償のソフトウェアの普及によって、利用者の方の選択肢が広がり、また英語圏で実現されつつある「アクセシブルなJavaScriptアプリケーション」などへの対応が日本でも進むことを期待しています。

今年1月からのNVDAjpでの活動を振り返ってみたいと思います。
“NVDAの日本語IME対応に向けて” の続きを読む

NVDA日本語化

今日は nvdajp プロジェクト(オープンソースのスクリーンリーダであるNVDAの日本語化プロジェクト)のミーティングでした。
私は前回のミーティング以降 TSF の調査をしていました。
今回のミーティングは、前回の進展の結果できそうなことの再確認、解決すべき問題の確認、ライセンスの状況把握などができました。
まだ詳細読み辞書の再配布許諾が得られる目処が立っていないので、プロジェクトメンバーの中で現状の実装を共有しながら、テストと改良を続けていく予定です。

“NVDA日本語化” の続きを読む

浅川さんのテレビ番組

NHKテレビで浅川智恵子さんのお仕事の様子が取り上げられていました。
「ホームページリーダー」の開発者として著名な浅川さんですが「音声読み上げソフト」についての理解が広まるのはよいことだと思います。

ホームページ・リーダー バージョン 3.04
日本アイ・ビー・エム (2001-07-19)
売り上げランキング: 6229
おすすめ度の平均: 4.0

4 ホームページ・リーダー使用感

“浅川さんのテレビ番組” の続きを読む

「情報大公開」時代

この1年(2009年)を通じて「情報大公開」時代のはじまりを強く感じました。
世の中の変化に、大学の教育や研究の場も無縁ではなさそうです。
学会・研究会も、これまでとは違った形のものになっていく、そんな予感がします。
グラスノスチがペレストロイカを加速してソビエト連邦が崩壊する。。私が高校生のころに起きたことが、いま日本で、世界で、起こっていくのかも知れない、そんなふうに感じます。
“「情報大公開」時代” の続きを読む

NVDA月例ミーティング

スクリーンリーダNVDA日本語化プロジェクトからは、先日2009.1jという新しいバージョンがリリースされたばかりです。

このツールをWIT研究会の企画で取り上げたのは1年前のことでした。日本語TTSをバンドルしていない、日本語IMEの読み上げができていない、という課題はあります。それは残念ながらこの1年間大きな進展をご報告することができませんでした。

しかしNVDAは日本でも相変わらず注目され続け、利用者は増えています。単に無料であるという理由だけではなく、Webサイトの読み上げなど、最新の規格に対応しており日本の商用スクリーンリーダーと比べて遜色がない部分もある、と言われます。昨夜の定例ミーティングと懇親会でもNVDAに関心を持ってくださる皆様といろいろお話をすることができました。
“NVDA月例ミーティング” の続きを読む

NVDA日本語化プロジェクト

今夜行われた定例ミーティングにおけるつぶやき。

プロジェクトの紹介は「NVDAjpプロジェクト」をご覧ください。

議論の途中で私が触れた「まつもと流」は、まつもとゆきひろさんと梅田望夫さんの記事(シリコンバレーからの手紙) 「目からうろこが何枚も落ちたオープンソースの“人間的本質」 のこと(「ほとんどの人は、適切な大きさと複雑さを持ったいい問題を探しているんですよ」)です。

  • 19:44  NVDA日本語化プロジェクト定例ミーティング。開発に貢献できる人材を増やすための勉強会の可能性を検討している。気の長い話ですみません。。
  • 19:45  Hackathonっていうのか。こういう勉強会のことを。。
  • 19:45  #nvdajp ハッシュタグ実験中
  • 19:47  #nvdajp 寺田さんからploneのユーザ会の実例を伺う。
  • 19:58  #nvdajp IMEの読み上げの検討課題。MS-IMEのウィンドウを監視して文字を引っこ抜く手法の展望。
  • 20:02  #nvdajp 貢献してくださる方にどんなメリットがあるか?シャトルワース流?レッドハット流?「手頃な問題」=まつもと流?
  • 20:04  #nvdajp マニュアルの翻訳は誰にでも手伝ってもらえる?我々の問題はゼロからSRを作ることではないので、比較的手頃な問題がたくさん転がっているはず。
  • 20:07  #nvdajp ユーザ会を組織化するべき?MLでテストをしてくださる方は嬉しい。ちゃんとNPOにしなくても?任意団体ならすぐにでも。お金を扱うためには法人化。
  • 20:11  #nvdajp 現状を確認=UAI研究会の1つのプロジェクト。お金が動く場でないからこそ関わりやすい立場もある。
  • 20:13  #nvdajp 企業がNVDAにコミットする目的。Webを使う人の母数が広がることはWeb業界の成長につながる。社会貢献。
  • 20:23  #nvdajp 勉強会をやるとしたら。一つは初心者対象=PC持参でとにかくインストールして触ってみる人。もう一つはIMEなり音声なり問題を絞って技術的な議論をする、コードレビューする、などなど。Python というより Win32 に詳しい人。
  • 20:26  #nvdajp 中間レベルの活動を設定するのは難しいかも。技術的な活動だけやって人が集まらないと寂しい。人が集まらなくてもYouTubeとかで情報発信すれば次につながる?
  • 20:30  #nvdajp 過去の議事録をまとめて公開する場を。sourceforge の wiki を活用しては?
  • 20:33  #nvdajp IME読み上げ。必要な機能の絞り込み議論は必要。
  • 20:42  #nvdajp 勉強会を年内に開催するのは日程的に難しそう。まず飲み会=忘年会からはじめては?
  • 20:51  #nvdajp 試してみたいこと:NVDAのdisplay.pyからmecabを叩いてみる。寺田さんが前向きに検討。