カテゴリー
bazaar nvda twitter ustream

UstreamとNVDA

週末の2日間にかけてUstreamの放送を行いました。5月9日はNVDA日本語化プロジェクトの様子を数人の方に見守っていただきました。
launchpad.netへのプロジェクト登録も公開の場で行いました。
バージョン管理ツール bazaar を本格的に使いこなせるようになってきました。

こういう仕事の仕方は「オープンソースの本質がオープンプロセス」であることを象徴していると思います。
いろいろな可能性がありそうです。

追記:

私のUstream環境ですが、1日目はThinkpad X300の内蔵マイク、内蔵カメラで放送。
2日目はカメラにMicrosoft Lifecam Cinemaを使用。2日目の後半では外付けマイクとオーディオテクニカのマイクアンプを使用。
放送マシンではUstreamのみにログインしてTwitter連携を使っていません。
別途モニター用マシンを用意。こちらはUbuntu 10.04環境でした。UstreamにゲストでアクセスしてUstreamの視聴画面からTwitterへのログイン。
こうすることで、TwitterもUstreamもnishimotzアカウントだけ(サブアカウントなし)で、放送とつぶやきとモニタリングができました。

新家さんがブログでコメントしておられます。
ありがとうございました。

カテゴリー
nvda twitter ustream

5/9NVDA日本語化とUST実験

いつもミツエーリンクスさんの場所をお借りしているNVDA日本語化プロジェクトのミーティングですが、次回は5月9日(日曜日)に、西本の職場の居室兼ミーティングスペースにお集まりいただく予定です。

この際に Ustream の配信実験をしたいと思います。
Ustreamのアカウント:nishimotz at ustream.tv
Twitterのアカウント:@nishimotz
Twitter のハッシュタグは #nvdajp を使う予定です。

オープンソースのスクリーンリーダNVDAに興味をお持ちの方に、たとえライブ動画という形であっても「動いているところ」をみていただける機会を設けることは有意義ではないか、と思っております。ライブで質問や要望をお受けできればもっといいですね。。
しかし、今回は実験ということで私もいろいろ不慣れな状況です。まずは「ダダ漏れ」からということで御容赦ください。

場所は東京大学本郷キャンパス 工学部6号館です。
日曜日なので中に入るためには、建物の入口まで私がお迎えにいく必要があります。nishimotz atmark gmail.com にお問い合わせください。

基本的に昼前からだらだら中継したり打合せをしたりするつもりです。
ただし皆様のご都合もあるでしょうから、コアタイムを13時から15時に設定したいと思います。
西本は Stickam はなんどか使いましたが、Ustream を使うのはこれが初めてです。
NVDAというテーマの趣旨に反して、Webアクセシビリティの問題は多々発生することも予想されますが、今後の課題として克服していければと思っています。

カテゴリー
nvda python

NVDAの日本語IME対応に向けて

今月もNVDA日本語化プロジェクトのコードレビューに参加しました。

本家のNVDAはものすごいペースで開発が進んでおり、またユーザのメーリングリストでは日々大量のメッセージが流れています。

またNVDAはすでに日本でも、従来の日本製の支援技術でカバーされていなかったアプリケーションを音声化するための手段として、他のスクリーンリーダと併用して使う方が徐々に増えているようです。
また、Web開発の企業でもアクセシビリティ検証用としてお使いになる事例が出てきつつあるそうです。
日本でもNVDAという無償のソフトウェアの普及によって、利用者の方の選択肢が広がり、また英語圏で実現されつつある「アクセシブルなJavaScriptアプリケーション」などへの対応が日本でも進むことを期待しています。

今年1月からのNVDAjpでの活動を振り返ってみたいと思います。

カテゴリー
未分類

WordPressへの攻撃

本サイトを含むnishimotz.comドメインのいくつかのサイトにおいて、WordPressのデータベースへの不正アクセスによる障害が発生していました。前回の投稿の後、この4日間くらいの間に問題が発生したと思われます。
当該サイトにアクセスした際に、画面が乱れていたはずです。また Internet Exploler 8 では「安全でないサイト」という警告が表示されました。
アクセスされた方にご迷惑をお掛けしたことをお詫びします。
当ドメインのサイトに関してお気づきの点があれば nishimotz アットマーク gmail.com までお知らせください。

すでにデータの修復とセキュリティ対策(データベースおよびWordPressのパスワード再設定を含む)を行いました。
原因は今のところWordPressやデータベースエンジンの不具合ではなく、お恥ずかしいことに当方の運用上の不備をついた攻撃である可能性があります。当面は詳細を書くことは差し控えますが、引き続き情報収集に努めております。
今後ともよろしくお願いします。
追記(2010-04-15):本件に関するWordPress側のブログ記事(原文)が公開されました。ホスティングプロバイダの運用上の問題である可能性が高いです。

カテゴリー
galatea python

Galatea Toolkit 近況

ヒューマンインタフェース学会誌2010年5月号の掲載に向けて、京都工芸繊維大学の荒木雅弘先生と共著で「音声対話システムの開発方法論とプラットフォーム」という記事を執筆しています。
誌面の都合もあり Galatea Dialog Studio(Linux版)の簡単な紹介(すでに sourceforge の wiki に書いた内容の短縮版)のみを、具体的なツールの説明として挙げています。

これから1ヶ月くらいの間に、sourceforge で公開しているソフトウェアや情報について、未着手の作業に取り組む予定です。皆様から御提案や御助言いただけることがあればお知らせください。

それから、私個人の情報発信としては、Windows 環境で GalateaTalkJulius のソケットインタフェースをPython からアクセスするラッパーを書き始めています。

現在の Galatea Dialog Studio はいろいろな機能を Java で作り込んだものの、全体構造の見通しが悪く、メンテナンス性に問題があると自分自身で認識しています。

Galatea Project の初期に Perl による AgentManager として例えば「オウム返しスクリプト」が実装されたのですが、こういう基本的なことを再考しつつ、部品としての利便性にも配慮して次の段階の活動を模索したいと思っています。

この他にやろうと思っているのは各モジュールの Mac 対応だし、実験としては FSM を iPhone OS で動かしてみたいと思っています。(iPadはエージェント対話システムの手頃なデバイスになりそうなので)iPod Touch アプリの開発環境は揃えたんですけどね。。

2月末に東京近郊で開催されたオープンソースカンファレンスに参加して様子を見てきました。細々とでもこういう場で Galatea Toolkit をアピールするのもよいかなと思い始めています。

カテゴリー
daisy twitter

サピエ図書館に思うこと

本を売って印税を得る権利、買った本を障害の有無にかかわらず読むことができる権利、そして図書館などの公的施設で無料で本を借りて(もちろん障害の有無にかかわらず)読むことができる権利。
権利と権利はどのようにお互いに尊重され、守られていくのか。。

2週間前になってしまいましたが「視覚障害者総合情報ネットワーク」(新しい名称「サピエ」)の研修会に参加した際にTwitterでつぶやいた記録を下記にまとめておきます。明日から4月。いよいよ正式に公開されるはずです。
私は引き続き「地域・生活情報」のシステムやインタフェースのお手伝いをしたり、テキストDAISYの制作・閲覧のためのテキスト音声合成技術のお手伝いをしたりする予定です。
日本の国会図書館の動向が頻繁に話題になりますが、サピエはこの1年間「活動が国会図書館と重複しないように」という調整をしてきたに過ぎず、本格的な連携については今後議論されていくのではないでしょうか(私はこのあたりにはタッチしていません)。

つぶやきの再掲になりますが、今回のプロジェクトに関わったことで、視覚障害者が本を読む権利と著者の権利が、著作権法37条によって両立している最前線の現場を知ることができました。その現場がほとんど世の中で知られていないのは、皮肉にも著作権法が厳格に運用されているからだということもよく分かりました。

「著作権法37条」という特別な世界の中で、それらがボランティアの手で音声やテキストファイルや点字データに変換される。
その流通もカセットテープからDAISY CDへ、そしてSDカードになり、ブロードバンドで直接ダウンロードできるようになる。世代間の格差。アクセシビリティのデバイドの中に、さらにディジタルリテラシーのデバイドがある。。

電子書籍という黒船の到来。紙の本や雑誌や新聞が売れないと言われるメディア環境の変化。
そんな中で、だがやはり現実には、墨字の本が日々世の中に送り出されている。

実情が広く知られると「じゃあ自分にも何か役に立てるのではないか」と思う方がたくさんいる。
しかし点訳も音訳も、きちんと講習を受けて、必要な技能を持ち、著作権法を遵守できる組織に属する方々による作業。
素人が簡単に関われる世界ではない。。

何年か前にトロンのイベントで坂村さんが「朗読ボランティアをやりたかったが試験で不合格になった。それがイネーブルウェアを始めたきっかけ」と言っておられたのを思い出しました。

サピエ講習会では「読書のバリアフリー」に関わる方々が、みなさん一生懸命に頑張っておられることを痛感しました。
その気持ちに触れた自分に何ができるのか、自問する日々です。

カテゴリー
twitter wit

総合大会 福祉情報工学セッション

電子情報通信学会 総合大会 A-19 福祉情報工学セッション(馬塚先生の講演会の続きの時間帯)の記録です。今年は、東京で単独開催の研究会をやった直後の総合大会でしたが、件数も多く参加者もたくさんいらっしゃって、議論も活発だったと思います。
一昨年までは総合大会は3月のWIT研究会と連続開催でした。昨年度から総合大会と研究会の開催場所・開催日程が分離され、今年度は12月にまったく新しい合同イベントとしてHCGシンポジウムが行われることになりました。
来年度は3月にはWIT研究会を行わない予定なので、総合大会はさらに盛り上がるかも知れません。2011年総合大会は3月14日(月)~17日(木)の4日間、東京都市大学 世田谷キャンパス(東京)での開催です。

カテゴリー
speech twitter wit

言語のメロディを学ぶ

東北大学で開催されている電子情報通信学会の総合大会にて、イベント企画(講師:馬塚れい子先生、無料公開)のオーガナイザを務めました。

たまたま、いま読んでいた「散歩学のすすめ」という本でこんなエピソードを読んだばかりです:

神聖ローマ帝国のフリードリッヒ2世という王様が、「赤ちゃんを大人の会話に触れないように育てたら、何語を話すようになるだろう?」という疑問を持ち、実際にそのような実験を行った。しかし、答えは得られなかった。なぜなら、すべての赤ちゃんが死んでしまったからだ。。

「散歩学」のすすめ (中公新書ラクレ)
古川 愛哲
中央公論新社
売り上げランキング: 678087
おすすめ度の平均: 3.5

4 散歩をする習慣がない人にオススメ!
5 散歩はビタミン剤
1 散歩学?

この「散歩学」の本はなぜか散歩の本なのに「連れと散歩しながら雑談を楽しむ」ことを主張するユニークな本なのですが、ともかく、人間が乳児の時期において言語を獲得するということは、人間の生存に関わる重要な活動であることには違いありません。
この大仕事を、乳児自身とその親達が、いかにこなしているのか、誰もが興味をおもちではないでしょうか?

今回は馬塚れい子先生が、直前にアメリカで参加された(成田から仙台に直行してくださったのです!)国際会議の情報を交えて、乳児どころか胎児の言語獲得に関する最新情報までお話してくださいました。
さらに「最近、乳児の日本語教育や英語教育について、科学的な知見を歪曲しかねない情報がメディアにあふれつつある」ということを懸念しておられる馬塚先生は、そういった誤解をできるだけ丁寧に解こうとして、当初のテーマから大幅に話を広げてくださいました。

西本のTwitter中継は馬塚先生の弾丸トークを十分にカバーできたとは言えませんが、雰囲気だけでもお伝えできれば幸いです。
会場には40人くらいの方がお見えになったのですが、本当はこういうイベントこそUstreamなんかで中継したかったです。。

カテゴリー
twitter wit

第52回 福祉情報工学研究会

無事に終了しました。今回は9件の発表がいろいろな分野の話題を含んでいて、バランスのよい内容だと感じました。
また見学会からお見えになった方もおられて、盛況でした。懇親会に残られた方はあまり多くなかったのですが、ゆっくりお話できました。
参加だけでなくTwitter中継に反応してくださった方にもお礼を申し上げたいと思います。

開始1時間前に到着しようとして、さらに三鷹駅に早く着きすぎてしまい、三鷹駅からNTT研究所まで歩きました。
もうすぐ並木の桜が綺麗に咲くのでしょうね。。
来週は東北大学で電子情報通信学会の総合大会です。火曜日のイベント企画HT-1「言語のメロディーを学ぶ:日本語の韻律獲得研究から見えてくる 言語発達のメカニズム」および福祉情報工学関連セッション(発表11件)もよろしくお願いします。

以下、西本のつぶやき記録です:

カテゴリー
speech twitter

IPSJセッション5U座長

情報処理学会50周年記念大会の 学生セッション[5U会場](3月11日(木)9:30~12:00)音声インタフェース・システム にて座長をつとめました。
電波の入りにくい部屋で b-mobile 3G も Pocket Wifi も全滅。au で質疑だけ備忘録代わりに中継しました。
学生セッションの座長はいろいろやることが多くて忙しい思いをしました。。